Bose TV Speaker。Bose最新の小型サウンドバーが満を持して登場

家グッズ
こまり
こまり

Boseの小型サウンドバーBose TV Speakerってどんな製品なのかな・・・。

みすけ
みすけ

Bose Solo5 TV sound systemの後継機種だからBoseサウンドバーの中では下位機種の位置づけだよ!でもかなりの進化を遂げているよ!

2020年7月2日にBoseから新しい小型サウンドバー「Bose TV Speaker」が販売されました。

2021年1月時点でのBoseサウンドバーのラインナップは次の通りです。

  • 最上位機種:Soundbar 700
  • 上位機種:Soundbar 500
  • 中位機種:Smart Soundbar 300
  • 下位機種:Bose TV Speaker

わたしとしてはサウンドバーを購入するなら絶対に音質を重視すべきということを常にお伝えしていますので、Bose TV Speakerはおすすめラインの製品とは異なります。

サウンドバーは音質で選べ!各社の最上位機種の比較からおすすめまで徹底紹介
サウンドバーの購入を検討しているあなた。サウンドバーの選ぶポイントは「音質」です。音質の良さで購入する機種を選んでください。なぜ音質を重視すべきなのか、どんなメーカーのサウンドバーがおすすめなのかを徹底解説します。

しかし、しかし、そこはBoseの最新機種です。

下位機種だからといって舐めてはいけません。Bose Solo5 TV sound systemからどんな進化を遂げたのかお伝えします。

この記事はこんな方におすすめ
  • Bose TV Speakerがどんなサウンドバーなのか知りたい方
  • Bose TV Speakerの特徴を知りたい方
スポンサーリンク

Bose TV Speaker。Bose最新の小型サウンドバーが満を持して登場

2020年7月2日に発売されたBoseのサウンドバーがBose TV Speakerです。

Bose Solo5 TV sound systemと同等のサイズ、同価格帯の製品になります。後継機種の位置づけということですね。

Boseのサウンドバーは先ほどお伝えした通り最上位機種、上位機種、中位機種としてSoundbar 700、Soundbar 500、Smart Soundbar 300というラインアップがあります。

サウンドバーの製品名称に着目すると、下位機種にだけ「TV」という単語が盛り込まれていることに気が付きます。

これはなぜでしょうか?

それは、テレビ音声の質を向上させるということに特化させているからです。

最上位機種、上位機種、中位機種についても勿論、サウンドバーとして発売されている以上、テレビの音声の質を向上させるということがメインの役割になります。

そこについては全く手を抜くことなく顧客の期待以上の価値を提供してくれています。

しかし、テレビの音質を高めることに加えて、リビング用スピーカーとしても存在感を発揮し価値提供できることを目指して開発されているのです。

そのため、最上位機種、上位機種、中位機種には製品名に「TV」という単語が使われていません。

さて、話を戻しますが、テレビの音質を向上するのがサウンドバーの目的なのでその点ではBose TV Speakerも十分な価値を発揮してくれるといえるでしょう。

Bose TV SpeakerとBose Solo5 TV sound systemの違い

新機種のBose TV Speakerですが、従来機Bose Solo 5 TV sound systemからどこが進化したのかは気になりますよね。まずは、簡単なスペック比較表を以下に示します。

Bose TV SpeakerとBose Solo5 TV sound systemの比較表

サイズや入出力端子に僅かな違いはあるものの、一見すると大きな変化は感じられないかもしれません。

残念ながらAlexaのような音声アシスタント機能はどちらにも搭載されていません。Boseサウンドバーの特徴であるADAPTiQ自動音場補正機能も非搭載です。

では、どこが変わったのでしょうか。

一つは、音質の基本性能の向上です。

Bose Solo 5 TV sound systemは2つのウーファーが配置されたシンプルなシステムでした。

一方でBose TV Speakerは2つのフルレンジドライバーを搭載することで広がりのあるサウンドを実現し、さらに2つのスピーカーの中央に配置されたツイーター(高音用のスピーカー)によりテレビの音声をよりクリアに再現することができるようになりました。

テレビを見るという点ではいままで以上に聞き取りやすいサウンドを実現できるようになりました。

特筆すべき進化としてわたしからご紹介したいことは、Bose TV SpeakerのみBose Base Moduleとの接続が可能になったことです

実はこれってすごいポイントです。音響に詳しい方であればご存じだと思いますが、迫力ある重低音を再現するにはどうしても大きなスピーカーが必要です。

Boseの最大の特徴は低音の再現性や音圧です。この最大の特徴を小型サイズのサウンドバーで最大限発揮することは難しいのが現実です。

Bose Solo 5 TV sound systemも悪い製品ではありません。しかし、どうしても低音には物足りなさを感じてしまいます。

製品サイズがほとんど同じであるBose TV Speakerでも同様です。ここで、Base Moduleに接続できることが効果を発揮します

Bose Base Moduleはサウンドバー専用のサブウーファーです。上位機種のBase Module 700と下位機種のBase Module 500とも接続が可能です。

つまり、サブウーファーという視点で考えると上位機種であるSoundbar 700と下位機種であるBose TV Speakerは全く同じものが使えるのです。

低音の弱さはこれで完璧に補うことができます。そういう意味ではBose TV Speakerは単体としては価格も安いのでサウンドバーの導入を試してみるという点でかなりおすすめの製品になります。

低音に満足できなければBase Moduleを追加で購入することができますからね。Bose Solo5 TV sound systemでは低音に不満があってもどうすることはできませんでしたので、かなり評価できるポイントといえるでしょう。

2. まとめ

Boseの最新のサウンドバーBose TV Speakerをご紹介しました。

サウンドバーには興味があるけどこれまで購入に踏み切れていなかった方は、この機会にサウンドバーの世界に足を踏み入れてみてはいかがでしょうか。

もし予算に余裕があるならBoseの上位機種であるSoundbar 700がもっともおすすめです。詳しくはこちらの記事で紹介しているのであわせてご覧ください。

Bose Soundbar700とNoise Cancelling Headphones 700の組み合わせが最高すぎる!
夜中でも大迫力の音でテレビや映画、音楽DVDを楽しみたいと思われている方はたくさんいらっしゃいますよね。防音部屋がないから諦めていたあなた。これだけあれば解決しますよ!それは、BoseのSoundbar700とNoise Canselling Headphones700を組み合わせて使うことです。詳しく解説していきます。
Bose Soundbar700と500の違い。音質優先なら絶対に700がおすすめ!
BoseのサウンドバーにはSoundbar700とSoundbar500があります。価格は約3万円の違いがありますが、その価値があるのでしょうか。結論としては価値があります。絶対に3万円追加で払ってでも上位機種であるSoundbar700がおすすめです。700と500の違いをカタログスペックと視聴結果の両面から比較します。

以上、最後まで読んでいただきありがとうございます。

コメント