Boseサウンドバーは型落ち品がおすすめ。SoundTouch300は高コスパ。

家グッズ
こまり
こまり

テレビを高音質で聴きたいからBoseのサウンドバーが欲しいけど、どの機種がいいのかな・・・。

みすけ
みすけ

Boseのサウンドバーはいいよね。購入するなら上位機種で決まりだけど、価格を考慮すると型落ち品がおすすめだよ!

テレビの音質を向上させたい!リビングで音楽を高音質で流したい!こんな要望に完璧に応えてくれる便利で快適なアイテムといえばサウンドバーですよね

サウンドバーはBose、SONY、YAMAHA、JBLなどの大手メーカーから販売されています。その中でもやはりBoseのサウンドバーが優秀なので一番のおすすめです

実際にわたし自身もBoseのサウンドバーを愛用しています。Boseのサウンドバーのおかげで、大満足の音響ライフを送っています。決して安い買い物ではありませんが、購入して損はしないと自信を持っておすすめできます

そんなBoseのサウンドバーですが、上位機種から下位機種までラインアップが複数あります。

価格差が結構あるのですが、どのくらい性能に違いがあるのか?どの機種を購入すればいいのか?皆さん迷われますよね。そこで、どの機種を購入するべきかをお伝えします!

この記事はこんな方におすすめ
  • Boseのサウンドバーの購入を検討しているけど、どの機種がいいのか迷っている方
  • Boseのサウンドバーをお得に購入したい方
スポンサーリンク

Boseサウンドバーのラインアップ(2021年1月時点)

2021年1月時点で購入できるBoseのサウンドバーは、中古販売のみの機種も含めて次の6種類です。

  1. solo5 TV sound system
  2. TV Speaker
  3. SoundTouch 300 soundbar
  4. Soundbar 500
  5. Soundbar 700

これらの6機種を音質の良い順番に並べると次のようになります。

  1. Soundbar 700 = SoundTouch 300
  2. Soundbar 500
  3. Smart Soundbar 300
  4. TV Speaker
  5. Solo 5 TV sound system

ちなみに、この順番はそのまま価格の高い順になります。

断言しますが、予算に余裕がある方は絶対に音質の良い機種(高い機種)を購入してください

店頭で音質を聴き比べていただければすぐにわかりますが、Soundbar700とSoundbar500やSolo5 TV sound systemでは音質が全然違います。

中途半端に安いものを購入しても満足できるのは数週間です。下手したら数日で「あれ?」という感情が芽生えてしまうでしょう。

人間の耳ってかなり敏感にできていて、慣れてくるともっと音質を良くしたいという欲望に駆られることが目に見えています

もしも、予算の関係で安い機種の購入を検討されているのであれば、少しだけ購入するのを我慢してください。

お金を貯めてから高い機種を購入するほうが絶対におすすめです。

一度購入してしまうと、少しくらい不満があるからといって気軽に買い換えられるものではありませんからね。

ということで、購入候補の機種は、Boseのサウンドバーの中で最高の音質を誇るBose Soundbar 700SoundTouch 300 soundbarのどちらかになります

では、どちらを購入すればよいのでしょうか?

Boseのサウンドバーを購入するならSoundTouch 300で決まり

結論から言いますが、Boseのサウンドバーを購入するならSoundTouch 300 soundbarで決まりです

SoundTouch 300 soundbarは2017年に発売された機種で、Soundbar 700は2018年に発売された機種です。

要するに最新機種がSoundbar 700で一世代前の機種がSoundTouch 300ということです。

Soundbar 700はSoundTouch 300と比べると色々な機能が拡張されています。その中でもAlexaやGoogleアシスタントの搭載が最も大きな変更点になります。

逆に言い換えると主な進化ポイントは音声アシスタント機能の搭載だけで、肝心の音質は全く同じです。音質についてはこちらの記事で解説しているので合わせご覧ください。

Bose Soundbar700と300の違い。音質は同じなんです
Boseのサウンドバーの上位機種であるSoundTouch 300とその後継機種であるSoundbar 700。どちらの音質が良いのかは皆さんが気にされるポイントですよね。結論としては、これらの音質は全く同じなんです。大きく違うのは音声アシストであるAlexaが搭載されているか否か。詳しくお伝えしますね。

価格はSoundbar 700のほうが2万円以上高いので、音質だけで比較するとSoundTouch 300の割安感が見て取れます。

また、Soundbar 700はBluetooth接続に若干の問題を抱えています。今後のソフトウェアバージョンアップで改善されるはずですが、いつ頃になるかは明確になっておりません。

SoundTouch 300であれば接続の安定性は保証されていますし、なんといってもセットアップが簡単です

テレビや周辺機器との接続は断然SoundTouch 300のほうが簡単ですので、機器の接続が面倒な方やそもそも苦手だという方にはSoundTouch 300のほうが向いているでしょう。

余談ですが、わたしの知り合いのBoseの社員の方も、接続やセットアップが面倒だと感じる方にはSoundbar700よりもSoundTouch 300のほうがよく売れるし、おすすめしているとのことでした。

そんなこんなで、少しでも音質が改良されているなら高いお金を出してでもSoundbar 700をおすすめするところですが、音質が全く同じということなので買うべきはSoundTouch 300になります

実際、Alexaがサウンドバーに搭載されている必要性ってほとんどの方にはありませんしね。

わたしもAlexaには少しだけ興味があったので、どちらを購入するか悩みました。しかし、実際にSoundTouch 300を購入してずっと使用していますが、Alexaがあったらよかったと思う場面は一度も訪れていません

Alexaなんてその程度で、おそらく、皆さんもほとんどの方が同じ感想を抱かれると思います。

みすけ
みすけ

最新技術がいくら搭載されていても使わないのであれば不要ですからね!

SoundTouch 300を購入する際の注意事項

断然のおすすめはSoundTouch 300なのですが、注意事項があります。

それは、すでに生産が終了していることです。よって、新品を手に入れるには在庫限りの早いもの勝ちになっています。

すでに実際の店頭には置いていないことが多いと思いますので、購入するにはネットショップになります。安心できるショップに在庫があれば迷わずに購入しましょう。在庫が切れた途端に2万円以上高いSoundbar 700を購入するしか選択肢がなくなりますのでご注意くださいね。

2021年1月時点では大手ネットショップサイトでは取扱なしの状態になってしまいました。必死で探せばまだ見つけられるかもしれませんが、なければ中古になってしまいます。中古でも特に問題ありませんよ。

みすけ
みすけ

悩んでる時間はないですよ!在庫があるうちに購入しよう!

まとめ

Boseのおすすめのサウンドバーをご紹介しました。

まとめ
  • サウンドバーを買うならBose一択!
  • 音質を求めるなら選択肢はSoundbar 700かSoundTouch 300の2択!
  • おすすめは断然SoundTouch 300
  • おすすめ理由はコスパと接続の簡易性と通信の安定性!
  • SoundTouch 300は在庫限りなので購入はお早めに!

ちなみに、SoundTouch 300やSoundbar 700を購入されて低音域の迫力をもっとあげたいと思われた方は、追加オプションとしてサブウーファーであるBose Bass Module700の購入も検討してみてください。

価格はまさかのサウンドバーと同じくらいしますが、さすがのBoseといった低音の迫力が楽しめます。ジャズを流したり映画をよく見る方にはおすすめです。SoundTouch 300とSoundbar 700のどちらでもBose Bass Module700との接続が可能です。

BoseのサブウーファーBase Moduleは必要なのか?を徹底解説
Boseのサウンドバーを購入するときに必ず悩むこと。それはサブウーファーも購入するかですね。結論をいうと、購入は必須ではないです。でも購入すれば絶対に満足します。Base Module700と500の違い、サウンドバー単体とサブウーファーありの違いなどを踏まえて理由を解説します。

おまけ

SoundTouch 300をおすすめする記事ですが、おそらくSoundbar 700とSoundbar 500で迷っている方もいらっしゃると思います。これらの違いを知りたい方はこちらの記事もひ参考にしてみてください。

Bose Soundbar700と500の違い。音質優先なら絶対に700がおすすめ!
BoseのサウンドバーにはSoundbar700とSoundbar500があります。価格は約3万円の違いがありますが、その価値があるのでしょうか。結論としては価値があります。絶対に3万円追加で払ってでも上位機種であるSoundbar700がおすすめです。700と500の違いをカタログスペックと視聴結果の両面から比較します。

また、先ほども説明しましたが、Soundbar 700とSoundTouch 300の音質が同じであるということもこちらの記事に少し詳しくまとめてありますので、こちらもご興味があればついでに参考にしてみてください。

Bose Soundbar700と300の違い。音質は同じなんです
Boseのサウンドバーの上位機種であるSoundTouch 300とその後継機種であるSoundbar 700。どちらの音質が良いのかは皆さんが気にされるポイントですよね。結論としては、これらの音質は全く同じなんです。大きく違うのは音声アシストであるAlexaが搭載されているか否か。詳しくお伝えしますね。

本当に高いお金を出してまでサウンドバーが必要なのか?という悩みが解消されず、購入まであと一歩踏み出せない方に向けてBoseのサウンドバーがどんな場面に重宝するかを記事にまとめました。

【Bose Soundbar】必要ないとは言わせない。重宝する場面はここだ!
Boseのサウンドバーに興味があるけど、テレビの内蔵スピーカーでも不満はないし、購入に今一歩踏み切れない。そんなあなたに購入に踏み切るためのお助けをさせていただきます。絶対購入して後悔することはありません。実際に買ってよかったと感じる場面をご紹介します。

Soundbarを購入したら効果を実感したいですよね。わたしとしてはぜひバンドを題材にした映画を見ていただき、Boseのサウンドバーの効果を肌で感じてもらいたいです。バンドを題材にしたおすすめ映画を知りたい方は合わせてこちらもご覧いただければと思います。

元バンドマン厳選。音楽好きなら絶対ハマるおすすめバンド映画まとめ
音楽好きな皆さん。バンドを題材にした映画も大好きですよね。内容はイマイチでも題材がバンドってだけでのめり込んでしまいます。そんな音楽好きな私からバンドを題材にしたおすすめ映画をご紹介します。

普段はサウンドバーで迫力あるサウンドを体感し、自分だけで静かに楽しみたい場合はワイヤレスイヤホンとの連携もおすすめです。

Boseからもワイヤレスイヤホンは発売されていますが、わたしのおすすめはSONYのWF-1000XM3です。

詳しく知りたい方はこちらにまとめましたのでご覧ください。

完全ワイヤレスイヤホンWF-1000XM3(SONY)のノイズキャンセリング機能は秀逸だった
最近流行りの完全ワイヤレスイヤホン。使ったことのない方は使い勝手や音質面でネガティブな印象を持っている方もいると思います。私もそうでしたがSONYのWF-1000XM3を使ってこの考え方が一転しました。実際に使ってみてよかった点、いまいちな点をお伝えします。

音楽で効果を実感したい方は、イメージではジャズやクラシックで通常のスピーカーとの違いを感じると思われると思います。それもありですが、意外にもメロコアでも違いを感じることができますよ。

メロコアって低音域の弱いスピーカーで聴いていてもライブのような迫力がでないのでどうしても残念な感じになってしまいがちですが、Boseのサウンドバーであれば低音がかなり響くので大満足の音楽ライフが送れますよ。わたしのおすすめのメロコアバンドはこちらの記事にまとめましたのでぜひ参考にしてください。

【メロコア】邦楽も洋楽もおすすめバンド&代表曲を完全網羅【35選】
メロコアバンドをお探しの皆様。毎日音楽を聴きまくっているとすぐにネタ切れになっていまいますよね。そこで、邦楽・洋楽問わずにおすすめのメロコアバンドを一挙にご紹介します。メロコアバンド探しにぜひ活用してください。

自宅で音楽を楽しむならSpotifyとサウンドバーの組み合わせがおすすめです。こちらの記事で詳しく説明していますのでぜひ参考にしてください。

家で音楽を流すならSpotify+サウンドバーがおすすめ
あなたは自宅でどのように音楽を流していますか。サブスクが流行しているのでいずれかのサービスを利用されている方も多いと思います。わたしのおすすめは無料版のSpotifyをサウンドバー経由で流す方法です。詳しく説明しますのでぜひ参考にしてください。

以上、最後まで読んでいただきありがとうございます。

コメント