テレビの内蔵スピーカーにこだわる必要なし。音質はサウンドバーで向上可能

家グッズ
こまり
こまり

内蔵スピーカーの音質が向上したテレビが販売されてるけどどうなんだろう・・・。

みすけ
みすけ

結論を言うと、テレビの内蔵スピーカーにはこだわる必要ないよ。高性能スピーカーモデルのテレビを買うなら、その予算でサウンドバーを導入しよう!

あなたはテレビを高音質で見たいですか?

このように聞かれて「いいえ」と答える方は少ないのではないでしょうか。

テレビメーカーが最優先しているのは勿論画質です。4Kや8K、有機ELという言葉を耳にする機会も増えました。

一方で音質はというと、製品ラインアップの上位機種のみ音質を重視したモデルを販売している程度です。

つまり、音質の良いテレビを購入したい場合は、高いお金を払って上位機種を購入しなくてはいけません。

では、高いお金を出してまで音質のよいモデルを購入する必要はあるでしょうか?

答えはNoです。

そこに投資するなら、その予算でサウンドバーを購入することを強くおすすめします。

この記事はこんな方におすすめ
  • 高音質モデルのテレビを購入するべきか迷っている方
  • 高いお金を出してまでテレビの内蔵スピーカーの質の良い製品を購入する必要があるかを知りたい方
スポンサーリンク

テレビの内蔵スピーカーにこだわる必要なし。音質はサウンドバーで向上可能

テレビの内蔵スピーカーにこだわる必要なし。音質はサウンドバーで向上可能

画質をアピールしているテレビは数多くあるので誰もが目にしたことがあるはずです。では、音質を重視しているテレビはどの程度販売されているのでしょうか。

音質重視のテレビ

2021年1月時点で各社が販売している音質重視のテレビの中でまず初めに思い浮かぶのがパナソニック製のGZ2000です。綾瀬はるかを起用して音質をアピールしたCMでもおなじみですね。

この製品は天井からの音の反射を利用して、音が立体的に広がることで映画館のような迫力で楽しむことができることがウリの製品です。

初めに断っておくと、この製品は音質も画質も大変すばらしいので素直におすすめできる製品です。

しかし、その上でもわたし個人としては購入する必要はないと考えています。

音質重視のテレビを購入する必要がない理由

おすすめできる製品と言いながら、購入する必要はない理由をお伝えします。

音質重視のテレビを購入する必要がない理由は3点あります。

  1. サウンドバーのほうがテレビの音質を良くすることができる
  2. テレビを買い替える際にスピーカーも交換になる
  3. リビングに置くスピーカーが必要になる

それぞれ詳しく説明していきます。

サウンドバーのほうがテレビの音質を良くすることができる

音質重視のテレビを購入する必要がない1つ目の理由は、サウンドバーを使うほうが音質を良くすることができるためです。

サウンドバーとはテレビの前に置くスピーカーのことです。Bose、SONY、YAMAHAなどから販売されています。ちなみにわたしのおすすめはBoseのサウンドバーです。

Boseのサウンドバーについてはこちらの記事でも詳しく解説していますので合わせてご覧ください。

Bose Soundbar700と500の違い。音質優先なら絶対に700がおすすめ!
BoseのサウンドバーにはSoundbar700とSoundbar500があります。価格は約3万円の違いがありますが、その価値があるのでしょうか。結論としては価値があります。絶対に3万円追加で払ってでも上位機種であるSoundbar700がおすすめです。700と500の違いをカタログスペックと視聴結果の両面から比較します。
Bose Smart Soundbar 300が発売。他の機種との違いを徹底解説。
Boseから最新のサウンドバーBose Smart Soundbar 300が発売されました。どんな製品なのか既存機種Soundbar 700や500との違いはなんなのか。どれを購入すればいいのか。知り他kことは山ほどありますよね。Bose Smart Soundbar 300の特徴や他製品との違いを解説します。
Boseサウンドバーは型落ち品がおすすめ。SoundTouch300は高コスパ。
リビング用スピーカーはBoseのSoundbarがおすすめです。その中でも最上位機種であるSoundbar 700が音質面で他を圧倒します。もしSoundbar 700の購入を検討される方は型落ち品であるSoundTouch 300も候補に入れてください。音質は全く同じなのに数万円安く購入できますよ。詳しく解説します。

テレビの内蔵スピーカーがいくら進化しても、専用のスピーカーにはかないません。

音質重視のテレビが通常の型と同じ価格で販売されていれば話は別ですが、一般的に音質重視のスピーカーは通常より高価格です。

価格があがった分音質もよくはなりますが、所詮は内蔵スピーカーの域を出ることはありません。

テレビを高音質で楽しみたいという方にはサウンドバーを強くおすすめします。

テレビを買い替える際にスピーカーも交換になる

当たり前ですが、テレビは数年から数十年使うと買い替えることになります。

せっかく音質にこだわって高い機種を購入しても買い替える際には一緒に交換になってしまいます。

その点、外付けタイプのスピーカーであればテレビを買い替えても使い続けることがっできます。

テレビの価格は下がる一方です。画質はかなりの速度で進化を続けていますので、テレビの買い替えサイクルはどんどん短くなってきます。

そうなると内蔵スピーカーの性能をあげるためにお金を多く払うことは避けたいですよね。

先ほどと同じくサウンドバーを使用しておけば、この問題は発生しません。

リビングに置くスピーカーが必要になる

音楽が無料で聴き放題だったり、Prime MusicやSpotifyなどのサブスクリプションによる聴き放題サービスが流行しています。それによりリビングで音楽を流す機会が増えています。

こうなるとリビングで手軽に高音質で音楽を流したくなるものです。

そんなときに出番なのがサウンドバーです。

詳しくは以下の記事で解説していますが、リビングスピーカーはサウンドバーがおすすめです。サウンドバーがあればテレビまで高音質にすることができますからね。

というわけで、リビング用のスピーカーが必要になるので、テレビ用スピーカーと兼用できるサウンドバーを導入することで、音質重視のテレビを購入する必要がなくなるというわけです。

リビング用スピーカーはテレビと兼用のサウンドバーで決まり
リビング用のスピーカーをお探しの方にぜひおすすめしたいのがサウンドバーです。テレビの音質を向上させるのが目的のスピーカーですが無線接続でスマホからも音楽を流せて便利です。おすすめする理由を詳しくお伝えします。

まとめ

音質重視のテレビを購入する必要がない理由を解説しました。

テレビの内蔵スピーカーの性能を上げるために1世代しか使えないテレビ購入費を高くするのであれば、何世代にも渡って使えるサウンドバーに投資しましょう。長く使えるし、音質も内蔵スピーカーよりも優れるし、リビング用スピーカーとしても使えるし、といいことばかりですよ。

以上、最後まで読んでいただきありがとうございます。

コメント