土地を選ぶ際の注意点。最低限押さえておきたい5つのポイント

家探し
こまり
こまり

そろそろマイホームが欲しいんだけど、どんな土地を選べばいいのかわからないのよね・・・。

みすけ
みすけ

土地選びはいくつかの大事なポイントを押さえておけば大きく失敗することはないから安心して!それじゃ大事なポイントを説明するね。

戸建てのマイホームを購入する際に避けては通れないこととして、場所はどこにするか、どんな土地にするかを決めることがあげられます。すでに検討を始めている方なら実感されているかもしれませんが、全く同じ条件の土地・物件はこの世に1つしかないため早いもの勝ちです

迷っていると他の人に買われてしまうかもしれない、とはいえこの土地・物件で本当によいのか決断できない。

家を購入する過程で誰もがこの葛藤と戦うことでしょう。

戸建を購入する場合、建売住宅・注文住宅のどちらにも関係するのが土地です。良さそうな候補が見つかったときに即決できるようになるには、土地を選ぶ際に押さえておきたい最低限のポイントを事前に把握しておく必要があります

そこで、今回は、土地選びのポイントとして、最低限押さえておきたい5つのポイントをご説明します。「できれば考慮しておきたい土地選びのポイント」も知りたい方は合わせてこちらの記事もご覧ください。

土地選びの注意点。後悔したくなければ必ず考慮したい5つのポイント
戸建住宅の購入を検討されている方が必ず決めなければいけないのが土地です。どんな場所にどんな土地を買うのか、快適なマイホームを手に入れるためには重要な作業となります。今回は少しマニアックだけど、できれば考慮しておきたい土地選びのポイントをお伝えします。
この記事はこんな方におすすめ
  • 戸建/土地を購入する予定がある方
  • 戸建/土地を探しているけどどんな条件にすればよいか迷っている方
  • 戸建/土地の購入に失敗して後悔したくない方
スポンサーリンク

1. 土地を選ぶ際の注意点。最低限押さえておきたい5つのポイント

土地を選ぶ際の注意点。最低限押さえておきたい5つのポイント

土地選びで最低限押さえておきたい5つのポイントは次の通りです。

  1. 地盤がしっかりしていること!
  2. 日当たりが良いこと!
  3. 風通しが良いこと!
  4. 幹線道路・高速道路の近くではないこと!
  5. 航空路に属さないこと!

1-1. 地盤がしっかりしていること!

地盤調査の画像

最近は、地震や洪水のニュースを目にする機会が本当に増えています。以前よりも自然現象に敏感になっている方が多いと思います。やはり土地を購入する際の条件で一番大事なことは地盤です

勿論、生活する上では周辺環境は無視できません。しかし、どんなに環境がよくても地盤が弱ければ購入してはいけません。地震で土地が崩壊したり、液状化したら嫌ですよね。戸建ての全ての基盤はやはり地盤です。地盤の確認ポイントは次の通りです。

  1. その土地が昔はどんな用途で使用されていたのか
  2. 現在の土地がどのようにして成形されたか
  3. 液状化の心配はないか
  4. 活断層がどこを通っているか
  5. 洪水の危険性はないか

その土地が昔はどんな用途で使用されていたのか

昔の土地のイメージ画像

1つ目の地盤確認ポイントは、購入候補の土地が昔はどんな用途で使用されていたかです。昔、池だった土地と、お城だった土地のどちらの地盤が強いのかは容易に想像できますよね?

勿論、お城だった土地のほうが頑丈です。お城の周りを囲んでいる池の部分はダメですけどね。

昔お城だった土地を購入できる機会は滅多にないと思いますが、<span class=”underred”>池、沼、田んぼのように水に関連する用途で使用されていた土地は避けることにしましょう。避けるべき理由は、液状化の危険が高いこと、雨が降った時に水はけが悪く浸水する可能性があることです。

現在の土地がどのようにして成形されたか

土地の成型についての画像

昔の土地の状況を把握したら次は現在の土地がどのようにして作られたかを調べましょう。山だった土地を切り崩して作ったのか谷だった土地に土を盛って作ったのかによって土地の強度が変わります。

なんとなくは想像できますよね?一般的には谷だった土地に別の土を盛って作られた土地(盛土)よりも、山だった土地を切り崩して作られた土地(切土)のほうが丈夫です。

同じ山を切り崩した土地でも、山を切り崩した時にできた凸凹を平らにするため、凸の部分は切土凹の部分は盛土になります。少しの場所の違いによって強度も変わってきますので、候補の土地がどのようにして出来上がったのかは正確に調べましょう。

液状化の心配はないか

液状化の画像

昔の土地の用途と土地の成型方法がわかれば液状化の危険性はだいたいわかります。昔、池や沼だった土地、谷を別の土で埋めて作られた土地は液状化の危険性が高くなります。勿論、昔の土地の状況がどうあれ、しっかりと地盤が強化されていれば問題になる可能性は低くなるので一概には言えませんが。

周辺の土地で過去に液状化した経緯がある場合は避けた方がよいでしょう。注意点として、庭付きの家の場合は、家自体は問題なくても少しの雨で庭が浸水してしまうことがあるので注意が必要です。液状化とまではいきませんが、水はけが良いかも大事なポイントの一つです。

活断層がどこを通っているか

活断層の画像

これは単純な話しで、活断層付近は地震発生時の被害が大きくなる可能性があります。

ご存じの通り日本は地震が多い国です。残念ながらこれはどうすることもできません。最近の家は地震への耐性がどんどん高まっているので地盤の強い土地であればそう簡単に崩壊することはありません。しかし、活断層の真上ですといくら家が強化されていても地震の規模によっては太刀打ちできない可能性もあります。

活断層がどこを通っているかはWebで検索すれば簡単に調べることができるので事前に確認しておきましょう

洪水の危険性はないか

洪水の画像

地盤とは少し違う観点になりますが、海や川の高さに対して土地の高さがどうなっているのか(水面よりも高い位置に土地があるか)は把握しておく必要があります。

異常気象による集中豪雨が頻発する昨今の状況を踏まえると、洪水なんて滅多におきないから気にしなくてよいというわけにはいきません。むしろ、最近だと洪水が最も身近で頻度の高い自然災害ともいえるでしょう。

地盤に問題がないことを確認した上で、洪水の危険性がないことも確認しましょう。最近は地域毎に洪水ハザードマップが作成されていると思うので役所に行って確認しましょう。

非常に悲しいことですが、地震よりも洪水被害のほうが最近は多発しているので、洪水の危険のある土地は避けられるなら避けておくほうが長く安心して暮らせます

1-2. 日当たりが良いこと!

日当たりの画像

日当たりなんかどうでもいいでしょ!って思ってる人は意外と多いのではないでしょうか。わたしもそうでしたが、日が入ってくると眩しくてテレビが見えないし、夏は暑いし、面倒だからカーテン開けないしって感じですよね。

しかし、しかし、日当たりはものすごく重要です。わたしも家を購入する際に考え方がガラっと変わりました

将来的に引越すことになる賃貸住宅であればそこまで気にする必要もないと思いますが、一生住む可能性のある持ち家の場合はそうはいきません。日当たりが悪いと、終始暗いのでネガティブ要素が次々に出てきます。例えば以下のような観点です。

  • 気が滅入ってくる
  • 朝から電気をつけなくてはいけないので電気代がかかる
  • 家庭菜園をしても植物が育たない
  • 洗濯物が乾かない
  • 家がじめじめする
  • 子どもの成長に悪い気がする

日当たりなんてどうでもいいよねって考えを持っていた方は、これを機に日当たりの重要さを再認識してみてはいかがでしょうか。

1-3. 風通しが良いこと!

風通しの画像

日当たりに通じる部分がありますが、家に風が入ってきて家の中を通過して外に抜けていくことってすごく大切です。家の中を風が通り抜けないと空気が循環しないのでカビが発生しやすくなりますし、空気がこもるので息苦しくなります。

家の中にカビなんて生やしたくないですよね。クローゼットやベッドにカビが発生してしまうと、お気に入りの服やベットを買い替えることになります。買い替えにはお金がかかりますし、一度カビが発生してしまうと繁殖を抑えるのは至難の技です。周りの環境を確認し、風が通り抜けそうか確認しましょう。林や高いビルに囲まれている土地は注意が必要です。

1-4. 幹線道路・高速道路の近くではないこと!

高速道路の画像

音に敏感な方は特に気をつけてください。車の音なんて電車に比べたら大したことないよって思っている方、その考えは危険です

絶えず走り続ける車の音って、1時間に数回しか通らない電車の音よりも辛いですよ。それに、電車の場合は終電から始発までは、基本的には静かですが(工事車両や貨物車両はたまに走りますが)、車には時間制限はありません。むしろ、トラックとか大型車両は夜中にも走行するので絶えずうるさいです。

日中は窓を開けていたい方夏の夜は窓を開けっ放しで寝たい方は、幹線道路や高速道路の付近は避けられることを強くおすすめします。

1-5. 航空路に属さないこと!

空から物が落ちてきた画像

今住んでいる地域の近くに土地を購入する場合はなんとなくどこを飛行機が飛ぶかを知っているので問題ないと思いますが、見知らぬ地域に土地を購入する場合は航空路に属しているかは調べたほうがよいです

頻繁に飛行機が飛び交う所だとうるさくて窓を開けていられません。

航空路に属するマンションの購入を検討している場合は、通常よりもしっかりと防音対策することが義務付けられていたりするので、逆にお得な設備が搭載されることもありますが、戸建だと特にメリットはありません。(価格が相場よりも安くなるメリットはあります)

最近だと民間の飛行機が住宅街に墜落するようなニュースを目にすることがありますが、航空路に属しているとその可能性もゼロにはなりません。把握した上で購入するようにしましょう。

2. まとめ

最後に土地を選ぶ際の注意点をまとめます。

ポイント!
  • 過去も含め地盤に懸念がないこと
  • 洪水の危険性がないこと
  • 日当たりが良いこと
  • 風通しが良いこと
  • 幹線道路・高速道路沿いではないこと
  • 航空路に属していないこと

3. おまけ

他にも家を購入する際に考慮したいこと、注意点は色々とあります。いくつか関連記事もまとめてありますので興味があれば合わせてご覧いただければと思います。

マイホームブルーになりたくない人へ。ならない&抜け出すための3つのポイント。
家の購入は人生でもかなり大きな決断です。不安や心配ごとはたくさんあるものです。家の購入を決断するときにマイホームブルーに陥ってしまう方がいます。どんな原因でマイホームブルーに陥ってしまうのか。避ける方法はないのか。もしなってしまったらどのように解消すればいいのか。ということをお伝えします。
建売住宅で失敗しないための5つのポイント。私はこれで満足できました
戸建の家を購入しようとされている方は注文住宅と建売住宅のどちらにするかを決めなければいけません。注文の場合は自由に仕様を決めればいいので問題ありませんが、建売の場合は注意しておかないと後悔することになります。建売にする場合に押さえておくべきポイントをお伝えします。
【新築購入】不要な設備投資は後悔のもと。本当に必要な設備を大公開
家を購入する際に迷うことの1つとしてどんな設備を搭載するかというがあげられます。お金がない無限にあれば悩む必要はありませんが実際はそうはいきません。取捨選択していくことが重要となってきます。必要な設備、不要な設備、あったほうがいい設備など、実体験に基づいてご紹介します。
建売住宅の内覧は事前準備が超重要。内覧前にやるべき5つの準備
家を購入する前に必ずやることと言えば内覧です。内覧って何度も経験することではないのでポイントを押さえておかないと後で後悔することになります。そこで、内覧に行く前に必ず準備しておきたいポイントをお伝えします。
マイホームの立地(場所)|将来を見越しバス停の近くを選ぶのが正解
マイホームの購入を検討されているあなた。どんな場所を候補にしていますか。利便性が高い土地、閑静な住宅街、職場の近く。色々な候補があると思います。しかし、一押しはバス停から近い場所です。その理由をお伝えします。
玄関ホールのタイルは失敗。子どもには危険なので要注意
皆が憧れる全面タイル仕様の玄関。オシャレなのは誰もが認める所ですが、デメリットがあることもご存じでしょうか。小さな子供がいるとデメリットが身の危険を及ぼします。これから家を購入する方は、玄関を全面タイルにすることのメリットとデメリットをきちんと把握してから仕様を決めてもらえればと思います。詳しく解説しますのでぜひ参考にしてください。

以上、最後まで読んでいただきありがとうございます。

コメント