土地選びの注意点。後悔したくなければ必ず考慮したい5つのポイント

家探し
こまり
こまり

土地を選ぶ際の最低限のポイントはわかったけど、それだけでいいのかな・・・。

みすけ
みすけ

勿論、土地選びにおいては、他にも考慮しておきたいポイントがあるよ。今回は、できれば考慮しておきたい5つのポイントを教えるね!

土地を選ぶ際に最低限押さえておきたいポイントはこちらの記事にまとめましたので興味がある方はご覧ください。

土地を選ぶ際の注意点。最低限押さえておきたい5つのポイント
戸建住宅の購入を検討されている方が必ず決めなければいけないのが土地です。どんな場所にどんな土地を買うのか、快適なマイホームを手に入れるためには重要な作業となります。今回は土地選びの基本的なポイントをお伝えします。

基本的には最低限押さえておきたいポイントをしっかりと押さえておけば、土地の購入に失敗して後悔するリスクは下げることができます。しかし、実際にはもっと良い土地を購入するには押さえておくべきポイントがいくつかあります。

今回は、最低限押さえたいポイントに加えて、後悔したくなければできれば考慮しておきたいポイントについてお伝えします。土地をお探しの方はぜひ参考にしてください。

この記事はこんな方におすすめ
  • 戸建/土地を購入する予定がある方
  • 戸建/土地を探しているけどどんな条件にすればよいか迷っている方
  • 戸建/土地の購入に失敗して後悔したくない方
スポンサーリンク

1. 土地選びの注意点。後悔したくなければ必ず考慮したい5つのポイント

土地選びの注意点。後悔したくなければ必ず考慮したい5つのポイント

土地選びで後悔したくなければ考慮しておきたい5つのポイントは次の通りです。

  1. 家の前の道路が車の抜け道にならないこと
  2. 家の前の道路が一方通行又は中央分離帯付きではないこと
  3. 駅やバス停から家までの道に坂がないこと
  4. 周辺に気になる臭い源がないこと
  5. T字路の中心に位置しないこと

1-1. 家の前の道路が車の抜け道にならないこと

できれば押さえておきたい1つ目のポイントは、家の前の道路が車の抜け道にならないことです。マイホーム暮らしを始めるならどうせなら静かで安全に生活したいですよね。皆さんは、静音性と安全性が手に入る条件ってどんなことを思い浮かべますか?例えば以下のような感じでしょうか。

静音性
  • 線路に近接していないこと
  • 幹線道路や高速道路に近接していないこと
  • 航空路に属していないこと
  • 近くに繁華街がないこと
安全性
  • 家の前の道路の交通量が少ないこと
  • 近くに繁華街がないこと
  • 航空路に属していないこと
  • 近くに繁華街がないこと
  • 夜でも周囲が明るいこと

基本的にはこれらを満たせば静音性と安全性は手に入るでしょう。しかし、注意しなければいけない点があります。それが1つ目のポイントである、家の前の道路が車の抜け道にならないことです。

普通は、大通りに面していない車があまり通らない静かで安全って考えますよね。しかし、大通りに面していないからって安心はできません。車を運転される方であれば確かに!って思うはずですが、大通りって朝や夕方の特定の時間だけやたらと渋滞することがありますよね。

そんな時に地元のドライバーは迷わず、大通りに並行している1〜2本内側の道路を抜け道として利用します。このように抜け道として利用される道に面した家を購入してしまうと、渋滞を回避して早く進みたいと考えている車ばかりが通過するので、家の前で子どもを遊ばせるのも気が気でなくなってしまいます。

特定の時間だけ交通量が増えるので、静かでもなくなります。よって、車の抜け道になる可能性があるかどうかは現地に行ったり、google mapでしっかりと確認してください。どの道が動線となるのか、本線の道が渋滞する可能性があるのかをしっかり把握しましょう。

1-2. 家の前の道路が一方通行又は中央分離帯付きではないこと

徒歩でしか出かけないという方はこの項目は無視してください。それ以外の方にはぜひ考慮していただきたいポイントです。理由は単純で、車やバイクで家を出てから進める向きと家に帰る時に進める向きが制限されてしまうからです。

最初の数ヶ月はこんなものかと我慢できるかもしれませんが、月日が経つに連れてストレスが積み重なってくるはずです。できればこんな制約はないほうが快適ですよね。一方通行であれば購入前に気がつくと思いますが、どちらにも進める道なんだけど中央分離帯が設置されている道路は注意が必要です。

言われてみれば当然ですが、中央分離帯が設置されていると行きも帰りも家に近い側の道なりにしか進めません。結局のところ一方通行と条件は同じになります。土地を購入する前に家を出てから進む方向と帰宅するときに家に向かう動線の状況を確認しておきましょう。

1-3. 駅やバス停から家までの道に坂がないこと

家を購入する時期は、早ければ20代、平均的には30代でしょうか。この条件が重要になってくるのはもっともっと先の70代、80代とかですので購入する際に意識される方は少ないと思いますが、このくらいの歳になると少しの坂が家から出る気力を奪うことになります。

ちなみに駅から家までの道に坂があっても、駅からバスを利用できる場合は最寄りのバス停から家までが平坦であれば何も問題ありません(70代、80代ではバスを使うでしょうからね)。バスを利用できない場合は、利用できる公共機関の駅からは坂がないに越したことはありません。

坂があって出歩くのが大変だから家に閉じこもりになってしまう。足を悪くして、外に出たいのに出られない。こんな状況じゃ心まで健康じゃなくなってしまいますよね

土地を購入する時点でかなり先の将来も見越して、自分の足で行動しなくてはいけない範囲に坂がないことを確認しておきましょう。一応補足しておくと、坂に階段が併設されていることもありますが、これも避けてください。階段も足腰が丈夫でないと辛くなってきますので。

1-4. 周辺に気になる臭い源がないこと

これまでの条件と少し傾向が異なりますが、長く快適に生活するにはとても重要なことです。ちなみに臭い源の身近な例としては、養鶏場、牧場、動物園などがあげられます。近くに動物園があるかどうかは土地購入前に把握できるので問題ありませんが、問題は養鶏場や(小さな)牧場です。

これらは、地元民しか知らないような場所にぽつんと存在することがあります。なんかくさいなぁと感じることってありませんか?

養鶏場や牧場が周辺にあるのかを探すのは大変なので、近所に養鶏場や牧場があるか、臭いを感じることがないかを近隣の方から事前にヒアリングすることをお勧めします。ヒアリングの際の注意点として臭いの感じ方は人それぞれ違うということを理解しておいてください。誰かが全然臭わないと言っても、あなた自身も全く臭いを感じないとは言い切れません。

重要なことは、周辺にそれらの施設があるかないかをはっきりさせることです。もし、養鶏場や牧場があった場合は、耐えられる臭いなのかどうかを自分自身の鼻で判断する必要があります。その際、臭いは毎日するわけではないことを念頭に置いてください。臭いは予想以上に風向きに左右されます。

1日の調査で臭いを感じなくても何日かトライしておくのがよいでしょう。臭いに耐えられない場合、最悪1日中窓を開けられない生活を強いられてしまいます。納得できるまで現場調査をしておくべきです。

1-5. T字路の中心に位置しないこと

T字路の中心(交差する点)に位置する土地は避けたほうがよいです。これは好き嫌いが分かれると思うので、気にならない人は無視してもらっても構いません。T字路の中心に位置する場合、家の前が吹き抜け状態になります。するとかなり遠くからも見通せるようになりため、家の出入りやベランダに洗濯物を干す際(ベランダが家の横の場合)に遠くからも見られます。

勿論、監視されるわけじゃないのでじーっと見てくる人はいませんが(いないと信じたいですが)、気になる人は住んだ後ずっと気になってしまいます。普段から人の目が気になるって方は避けられるのがよいと思います。

2. まとめ

最後に土地を選ぶ際にできれば考慮しておきたいポイントをまとめておきますね。

ポイント!
  • 車の抜け道にならない土地を選ぶこと
  • 家から道路へのアクセス性がよいこと
  • 駅から家までの道に坂や階段がないこと
  • 臭いのもとになる場所が周辺にないこと
  • T字路の中心ではないこと

3. おまけ

他にも家を購入する際に考慮したいこと、注意点は色々とあります。いくつか関連記事もまとめてありますので興味があれば合わせてご覧いただければと思います。

マイホームブルーになりたくない人へ。ならない&抜け出すための3つのポイント。
家の購入は人生でもかなり大きな決断です。不安や心配ごとはたくさんあるものです。家の購入を決断するときにマイホームブルーに陥ってしまう方がいます。どんな原因でマイホームブルーに陥ってしまうのか。避ける方法はないのか。もしなってしまったらどのように解消すればいいのか。ということをお伝えします。
建売住宅で失敗しないための5つのポイント。私はこれで満足できました
戸建の家を購入しようとされている方は注文住宅と建売住宅のどちらにするかを決めなければいけません。注文の場合は自由に仕様を決めればいいので問題ありませんが、建売の場合は注意しておかないと後悔することになります。建売にする場合に押さえておくべきポイントをお伝えします。
【新築購入】不要な設備投資は後悔のもと。本当に必要な設備を大公開
家を購入する際に迷うことの1つとしてどんな設備を搭載するかというがあげられます。お金がない無限にあれば悩む必要はありませんが実際はそうはいきません。取捨選択していくことが重要となってきます。必要な設備、不要な設備、あったほうがいい設備など、実体験に基づいてご紹介します。
建売住宅の内覧は事前準備が超重要。内覧前にやるべき5つの準備
家を購入する前に必ずやることと言えば内覧です。内覧って何度も経験することではないのでポイントを押さえておかないと後で後悔することになります。そこで、内覧に行く前に必ず準備しておきたいポイントをお伝えします。
マイホームの立地(場所)|将来を見越しバス停の近くを選ぶのが正解
マイホームの購入を検討されているあなた。どんな場所を候補にしていますか。利便性が高い土地、閑静な住宅街、職場の近く。色々な候補があると思います。しかし、一押しはバス停から近い場所です。その理由をお伝えします。
玄関ホールのタイルは失敗。子どもには危険なので要注意
皆が憧れる全面タイル仕様の玄関。オシャレなのは誰もが認める所ですが、デメリットがあることもご存じでしょうか。小さな子供がいるとデメリットが身の危険を及ぼします。これから家を購入する方は、玄関を全面タイルにすることのメリットとデメリットをきちんと把握してから仕様を決めてもらえればと思います。詳しく解説しますのでぜひ参考にしてください。

以上、最後まで読んでいただきありがとうございます。

コメント