Dyson(ダイソン) V11が最強で最高。掃除が嫌いな人に特におすすめ!

家グッズ
こまり
こまり

掃除機って面倒だしゴミを吸えてるのかよくわからないからやる気でないのよね・・・。

みすけ
みすけ

それならダイソンのコードレスクリーナを試してみて!取扱性が抜群で吸引力も最強だから嫌いだった掃除が趣味になるよ!

掃除機がけって面倒で楽しくないですよね。でも、そのように感じるのは使っている掃除機が原因です。

一般的に掃除機はコード式のタイプが多いです。掃除機が嫌いな多くの方はコード式の掃除機を使っているはず。ちなみにコードレス式の掃除機を使っているのに掃除機が嫌いな方は吸引力がいまいちなタイプの掃除機を使っているはずです。

わたしはこれまで掃除機に拘りはなく、東芝のサイクロン式掃除機(コード式)を長年使用していました。吸引力は普通ですが掃除は全く楽しくありませんでした。

それなのにDyson V11コードレスクリーナーを購入した途端、掃除が趣味レベルに楽しくなってしまったのです。今回、Dyson V11コードレスクリーナーをおすすめする理由を徹底的にご紹介します。

この記事はこんな方におすすめ
  • 掃除機がけがつまらないと感じている方
  • ダイソンのコードレス掃除機を購入するか迷っている方
スポンサーリンク

Dyson(ダイソン) V11が最強で最高。掃除が嫌いな人に特におすすめ!

掃除って好きな人は好きだけど、嫌いな人はとことん嫌いですよね。なにを隠そう、わたしも掃除は嫌いでした。特に掃除機は目に見えて汚くないと掃除をした効果がよくわからないのでやる気がでません。同じだ!って方も多いのではないでしょうか。

しかし、こんなわたしでも、掃除機を買い替えただけで、掃除機が趣味レベルに好きになってしまいました。その掃除機が何を隠そうDyson V11コードレスクリーナーです。ちなみに掃除機嫌いだった頃に使っていたのは東芝のサイクロン式掃除機です。何が違ったのでしょうか。

Dyson V11コードレスクリーナーのすごい点

Dyson V11コードレスクリーナーのすごい点は次の通りです。

  1. 吸引力が最強
  2. 取り回しやすい
  3. 吸ったゴミが目に見える
  4. 吸ったゴミを簡単に処理できる

吸引力が最強

Dyson V11コードレスクリーナーの最もすごい点はやはり吸引力です。Dysonといえば吸引力のイメージが強いですが、噂通り吸引力はすごいです。

Dyson V11の動作モードには、強い順に強、中、エコの、3段階があります。

強はどんなものでも気持ちよく吸い込んでくれる最強の吸引力です。バッテリーの持ちと動作モードの強さは反比例するので常に強で動作できるわけではありませんが、いざというときにこの吸引力があると安心感抜群です。

通常は「中」を使用することが多くなるのですがそれでも通常の掃除機と比較すると吸引力はDysonのほうが明らかに優秀なので問題ありません。

取り回しやすい

取り回しやすさはDyson特有というよりはコードレスタイプの最大のメリットといえます。本当に取り回しが楽です。

コード式の掃除機の場合、家全体を掃除するには何度かコンセントを差し直すことになります。これが毎回のことだとかなり面倒です。可動域が狭いので部屋全体を掃除する気もなくなります。

それがどうでしょう。コードレスタイプだと二階建てであっても一気に掃除機がけが可能です。

実際にこれに慣れると間違いなくコード式には戻れません。本当に楽ちんです。これだけで掃除機がけは面倒というイメージが薄れるはず。

ワンルームでコンセントの差し直しが不要といったケースでも、コードを引っ張り出してコンセントに差して掃除が終わったらコードを抜いてしまう。この一連の動作が不要になるのでコードレスタイプのメリットは実感できます。

吸ったゴミが目に見える

掃除機が楽しく感じるかは掃除の効果を実感できるかどうかがポイントです。掃除機の効果は、ゴミをどれだけ吸えているかということですね。

Dyson V11は吸ったゴミが手元にある透明のダストボックスに溜まります。掃除をしながらどれだけゴミを吸えているかが簡単に確認できますよ。

しかも、吸引力がすごいので本当によく吸えるし、吸ったゴミがよく見えます。めちゃくちゃ掃除のやる気がでます。

吸ったゴミを簡単に処理できる

ゴミをしっかりと吸えることは大切ですが、吸ったゴミをどれだけ簡単に処理できるかも重要です。

その点、Dyson V11は溜めたゴミを捨てる作業も楽ちんです。

ゴミ箱やゴミ袋に直接ダストボックスを突っ込んでレバーを操作したら完了です。髪の毛がダストボックスに絡むので手を使わないと完全には処理できないことも多いですが、総じて楽ちんです。

Dyson V11コードレスクリーナーのいまいちな点

つづいて、Dyson V11のいまいちな点もご紹介していきましょう。総じてよい商品ですが勿論いまいちな点もあります。ぜひ購入する前に把握しておいてほしいので詳しく紹介します。

  1. 低いソファの下は掃除できない
  2. 吸引力を強にすると電池は10分程度しか持たない
  3. 慣れるまでは少し重く感じる

低いソファの下は掃除できない

一般的な掃除機の持ち手は掃除機のパイプから見て上側にあります。しかし、Dyson V11は持ち手が本体の下側です。

これにより、低い場所に掃除機を突っ込むと持ち手が地面にぶつかってそれ以上下げることができなくなります。

持ち手が上側の掃除機であれば掃除できていたソファの下はDyson V11では侵入することができませんでした。ちなみにわが家で使用しているソファは日本フクラのカストールです。かなり座面が低いソファなので一般的なソファなら問題ないかもしれませんが注意が必要です。

話しは変わりますが日本フクラのカストールはかなりおすすめのソファです。詳しくはこちらの記事で紹介しているのでぜひご覧ください。

日本フクラのカストールをレビュー。オシャレで機能性の高い高級ソファ
日本フクラのソファで私がおすすめするのがカストールです。オシャレで使い勝手がよくて最高ですよ。価格は高いのですが買う価値ありです。実際に使用した感想、いい所悪い所の全てを語りますので、購入を検討されている方はぜひ参考にしてみてください。

吸引力を強にすると電池は10分程度しか持たない

先ほども少し触れましたがDyson V11の動作モードは強、中、エコの3段階です。気持ちよく吸うには常に「強」を使いたいところですが、電池はフル充電でも10分程度しかもちません。ちなみに「中」だと30分程度、「エコ」だと60分程度といった感じです。

基本的には「中」で使って、布団とかを吸うときに「強」を使うという方法であれば電池残量が気になるようなことはないので実使用上は問題ありません。しかし、どうせならずっと「強」を使いたい気分にはなるのでその点はマイナスですね。

慣れるまでは少し重く感じる

Dyson V11コードレスクリーナーはDyson史上最強の吸引力なのですが本体が若干重いという欠点があります。実際に始めて持ったときは男のわたしであっても少し重くて使いにくいという印象でした。

3日くらい使っているとすぐに慣れて気にならないレベルではありましたが、女性の方にとっては少し重いかなと思います。もし、重さが気になる方は少し吸引力は落ちますが軽いタイプのDyson Digital slimがおすすめです。気になる方はこちらもチェックしてみてください。

Dyson V11コードレスクリーナーが特におすすめな人

Dyson V11コードレスクリーナーはどんな人にもおすすめできる商品ですが、特におすすめな人の特徴は次の通りです。

  • 掃除機掛けが嫌いな人
  • 部屋が複数ある家に住んでる人
  • ゴミが気になったらその都度掃除機をかけたい人

これまでご紹介してきた通りDyson V11は手軽に部屋全体を掃除できる、どんなゴミでも吸引してくれてその効果が目に見えることが大きな特徴です。

そのため、いままでは掃除機がけしてもいまいちゴミを吸えているかわからなくてつまらないと感じていた人や、何度もコードを抜き差しして部屋中を掃除するのが面倒だと感じている人、気づいたときにさっと掃除機をかけたいと思ってる人などに特にマッチする商品です。

まとめ

Dyson V11コードレスクリーナーの「よい点」と「いまいちな点」を紹介してきました。繰り返しになりますが、わたしはDyson V11を購入してから本当に掃除機掛けが楽しくなりました。

これまでは最悪な場合週に1回しか掃除機がけしなかったのが、最低1日1回、多いと1日2回以上するようになりました。

掃除機掛けが好きな人はより一層好きになるはずですし、掃除機がけが嫌いな人であっても趣味レベルに掃除機が好きになるはずです。わたしがそうだったので間違いありません。

安い買い物ではありませんが長期保証もついていますし、長く使っていけるので元は確実に取れる商品です。気になった方はぜひ使ってみてください。

以上、最後まで読んでいただきありがとうございます。

コメント