コロナ禍の出産の実情。夫の使命は妻と上の子のケアをすること

父目線の子育て
こまり
こまり

コロナ禍での出産ってどんな感じなんだろう・・・。

みすけ
みすけ

コロナの流行なんて誰も経験したことないから不安でいっぱいだよね。わが家の経験を伝えるね。

わが家は2人目の子どもがコロナ禍に生まれました。コロナ禍の対応は病院によっても異なるのですが、ある程度参考になると思いますので実際にどんな感じだったかを夫の視点でご紹介します。

この記事はこんな方におすすめ
  • コロナ禍の出産の実情を知りたい方
  • コロナ禍の出産で夫ができることを知りたい方
スポンサーリンク

1. コロナ禍の出産の実情。夫の使命は妻と上の子のケアをすること

コロナ禍の出産の実情。夫の使命は妻と上の子のケアをすること

1-1. 通常時とコロナ禍の出産の違い

コロナ禍の出産において通常時と異なる点は次の通りです。

  1. 出産時に夫が立ち会えない
  2. 陣痛がきても誰も一緒に待合室まで入れない
  3. 出産後も退院まで家族も面会できない

出産時に夫が立ち会えない

これは病院によって異なりますが、わたしの妻が出産した病院では立ち合い出産は禁止になっていました。第一子の時は立ち合い出産ができたので貴重な体験ができましたが、コロナ禍では叶いませんでした。

わたしは2人目なのでまだよかったほうですが、1人目の子どもなのに立ち会えないのは残念すぎますよね。でも、どうしようもありません。

病院によってはコロナ禍でも立ち合い出産を許可している場合もあります。どうしても立ち合い出産じゃないと嫌という方は病院を選ぶ際に立ち合い出産の可否を確認することをおすすめします。

陣痛がきても誰も一緒に待合室まで入れない

コロナ禍の出産の場合陣痛が来てから分娩室に入るまでの待合室にも家族は入ることができません。分娩台に移動するまではずっと痛みに妻が1人で立ち向かわなくてはいけません。

通常時であれば夫か親が付きっ切りでそばにいてあげられるのですが、コロナ禍だとそうはいきません。

順調な人だと陣痛で病院に行って数時間で出産となるのでそこまで気にしなくていいかもしれませんが、難産の場合は何時間、下手したら何十時間も戦うことになるので1人だと心細いですよね。

出産後も退院まで家族も面会できない

夫視点でコロナ禍で一番辛いことは子どもが生まれても退院するまでは会えないことです。実際に会ってから名前を最終決定したいという方も多いはずですが、それが1週間も延期になってしまいます。

また会いに行けないのは夫だけではありません。もちろん祖父母や子どもも同じです。わが家は2人目の出産だったので家には夫であるわたしと長女がいます。

長女はこんなに長期間、母に会えないのは初めての経験です。コロナ禍でなければ子どもも一緒に病院で会うことができるので何かあれば会いにいけばすみました。しかし、コロナ禍ではその選択肢すらありません。

まぁ今は幸いにもLINEで気軽にビデオ通話もできるので顔を見るという方法はいくらでもあるのでいざとなったらビデオ通話の出番です。

1-2. コロナ禍の出産で大切なこと

コロナ禍の出産で夫視点で大切なことは妻と子どものケアを普段以上にしっかりと行うことです。妻も出産という不安に加えて誰もそばにいてくれない不安も重なります。病院に送り出すときの言葉や病院にもっていかせるアイテムなんかを工夫して、そばにいることをしっかりと伝えてあげるようにしましょう。

また、子どもがいる場合は母に会えない不安を取り除いてあげるようにしましょう。普段ママっ子の場合は特に注意が必要です。

しっかりと子どもの話しに耳を傾けてあげてください。泣き止まなくなってしまった場合は気分転換に外に連れ出したり、家のなかを散歩してみたいといった方法を試してみてください。

2. まとめ

コロナ禍の出産の実情をお伝えしました。コロナ禍で2度目の出産を経験するという方は現時点では存在しません。全員が初めての経験なので不安はあると思います。

重要なことは夫が妻や子どもに寄り添って心のケアをしっかりとしてあげるということです。はっきりいって出産において夫の役目なんてそれくらいですからね。

その他コロナ禍の出産で夫ができることはこちらの記事にまとめてあります。できればあわせてご覧いただくことでコロナ禍の出産を乗り越える助けになるはずです。

コロナ禍の妻の妊娠・出産。夫が注意すべきこと。夫ができること
コロナの流行という未曽有な状況です。妊娠されている方は不安でいっぱいでしょう。夫としても妻がコロナに感染しないように最大限協力してあげるべきです。在宅勤務にするとか人との接触を避けるとか。できることは限られますがやれることは全てやっておかないと感染してから後悔しても手遅れです。夫が注意してあげること。夫が率先してやるべきことをまとめましたのでぜひ参考にしてください。

以上、最後まで読んでいただきありがとうございます。

コメント