子どもが夢中で遊べる。アンパンマンのブロックラボがおすすめ

子育てグッズ
こまり
こまり

子どもが楽しく遊べるブロックでおすすめってあるかな・・・。

みすけ
みすけ

それならアンパンマンのブロックラボシリーズがおすすめだよ!

子どものが夢中になって遊んでくれる玩具の1つであるブロック。ブロックはレゴを筆頭にいろいろな種類があります。その中でもアンパンマンのブロックラボシリーズはレゴよりも対象年齢が低く、どんな子どもでも夢中になって遊べるようになっていておすすめです。

子どもにブロック玩具の購入を検討している方には自信を持っておすすめできますよ。どんな点でおすすめなのか詳しくお伝えします。

この記事はこんな方におすすめ
  • 子どもにブロックのおもちゃを探している方
  • アンパンマンのブロックラボがどんなおもちゃなのか詳しく知りたい方
スポンサーリンク

1. 子どもが夢中で遊べる。アンパンマンのブロックラボがおすすめ

子どもが夢中で遊べる。アンパンマンのブロックラボがおすすめ

子どもはみんなアンパンマンが大好きです。アンパンマンのブロックラボは柄がアンパンマンというだけで子どもの心をぐっと惹きつけます。ただ、おすすめする理由はそれだけじゃないんです。

1-1. アンパンマン ブロックラボとは

アンパンマンのブロックラボは本当に楽しめるブロックの開発を目的としてBANDAI、日立製作所、株式会社NeU、大学の研究期間が共同で研究して開発されたブロックです。

アンパンマンなのでキャラクター押しのおもちゃのように感じてしまうかもしれませんが実はそんなことありません。ものすごい拘りのつまったブロック玩具なんです。

アンパンマンのブロックラボの特徴は次の通りです。

  1. 持ちやすい大きさと形状
  2. いろいろなシリーズがあって楽しい
  3. おままごととしても遊べる

持ちやすい大きさと形状

アンパンマンのブロックラボは1.5歳からのシリーズと3歳からのシリーズがあります。1.5歳からのシリーズでは特に子どもが持ちやすいブロック形状が立方体であるということに着目して作られています。

また、ブロック自体のサイズもレゴと比べると1つ1つのパーツは1.5倍程度の大きさになっています。これにより持ちやすいし組み立てやすいということを実現しています。

アンパンマン柄ということもあってさらに組み立てやすくなっています。子どもはせっかく手にとっても組み立てられないとブロック遊びに夢中になることはできません。

その点、アンパンマンのブロックラボでは柄で興味を惹いて、組み立てやすさで夢中にするといった流れができあがっています。

いろいろなシリーズがあって楽しい

アンパンマンのブロックラボにはいろいろなシリーズがあります。1.5歳から遊べるブロックそのものにアンマンパンのキャラが描かれているタイプのブロックや、ある舞台をテーマにしたブロック遊びのできるシリーズが販売されています。

わたしのおすすめは「パン工場とすべり台のおうちブロックバケツ」です。

パン工場にしたり1階建て、2階建て、3階建てにしたり自由に組みかえられます。もちろん、もっと自由に組み立てて遊ぶこともできるので子どもの発想力次第で遊び方は無限大です。

おままごととしても遊べる

ブロック遊びはブロックを組み立てたらおしまいですが、アンパンマンのブロックラボは組み立ててからもいろいろな遊びができます。

例えば先ほどご紹介した「パン工場とすべり台のおうちブロックバケツ」の場合ですと、ブロックの中にフライパンやパン、お皿、冷蔵庫、アンパンマンとメロンパンナのブロックなどがついています。

これによりアンパンマンがパンを焼いて提供したり、冷蔵庫を開けたり、おままごととしても遊べます。これだけれも数時間は夢中になって1人で遊んでくれますよ。

ブロックを作るまでも楽しくて、作り終わったあとも作った作品をベースに遊んだりできるなんて最高ですよね。

2. まとめ

子どもにブロックのおもちゃを買ってあげようと思われている方はアンパンマンのブロックラボがおすすめです。小さいころからブロックに触れていると指先を使うので脳にいい刺激を与えることができますし、発想力も高まります。

以上、最後まで読んでいただきありがとうございます。

コメント