副業ブログできついのは軌道に乗せるまで。継続するコツを伝授。

ブログ大戦
こまり
こまり

副業でブログを始めようと思って。でも副業で続けていけるか不安で・・・。

みすけ
みすけ

正直な話。ブログは軌道に乗せるまでは大変だよ。でもコツさえつかめば副業で続けていけるはず!

副業として月に数万円稼ぎたいという方は多いと思います。特に、投資が少ないので失敗したときのダメージの少ないブログが副業として人気です。

副業でブログをやっている人はたくさんいるけど、本業に支障を与えずに継続していけるのか。本当にブログで稼げるのか。そんな不安をお持ちではないですか。

わたしも副業としてブログをやっています。ブログを始める前は同じようなことが不安でした。

しかし、いまでは副業として継続していけそうだし、月にお小遣い程度の収入は得られることがわかってきました。そこで、副業としてブログを続けていくためのコツ。お小遣いを稼ぐまでの道のりについてお伝えします。

この記事はこんな方におすすめ
  • 副業としてブログを始めたいけど継続できるか不安な方
  • 副業としてブログを継続するコツを知りたい方
  • 副業のブログで稼げるようになるまでの道のりを知りたい方
スポンサーリンク

1. 副業ブログできついのは軌道に乗せるまで。継続するコツを伝授。

副業ブログできついのは軌道に乗せるまで。継続するコツを伝授。

副業でブログをやる場合に最もきついこと。それはブログを軌道に乗せることです。

本業で忙しい傍らブログという新しいことにチャレンジすることになる方が大半です。新しいことはなんでも軌道に乗せるまで時間がかかります。

進め方が明確であって、時間で解決することであれば特に問題ありません。しかし、ブログは違うんです。

どんなに時間をかけても、間違ったことをやり続けている限りは何も起きないのです。

例えば、新しくカフェをオープンするとします。空き店舗を探して、メニューを考案して、宣伝して、やっとオープンして、・・・。なんとなくやるべきことは見えてきますよね。

ブログの場合はどうでしょうか。ブログを開設して、記事を書いて・・・。あとは何すればいいの?という感じになりませんか?

じゃ、記事をとにかく書きまくればいいのかな。とも思うかもしれませんが、記事を書きまくるだけではやはりうまくいきません。

1-1. 副業ブログを軌道に乗せるまでのコツ(思考編)

副業ブログを軌道に乗せるまでのコツとして、まずは思考的な面からお伝えします。どんな気持ちを持っていればいいかということです。

  • すぐに結果はでないものだと理解して焦らないこと
  • 最低でも3ヶ月は何も起きないという前提で記事を書き続けるしかないことを承知すること
  • 時間ができたときにやろうという気持ちではダメ。時間を捻出してやるという気持ちを持つこと
  • いつかは成果がでると信じ続けること

まず、ブログはすぐには成果はでません。こればかりはどうしようもありません。

ブログを始める前にブログについてしっかり勉強して、始めてからは毎日記事を書き続けても4か月くらいは結果のでるものではありません。

まずはそこを理解して取り組まないと、必ず2か月頃には心が折れてしまいます。ブログの難しい点として、自分のやっていることが果たして正解なのかがわからないことがあげられます。

記事をかいても最初はアクセスなんてゼロです。下手したら1年間アクセスゼロなんてことも現実に置きます。お恥ずかしい話ですがわたしは実際にそうでした・・・。

1年間アクセスがないのになぜ副業ブログを継続できたかというと、成果はすぐには出ないということ、いつかは成果がでるんだと信じ続けたことです。

1年間アクセスがゼロだった要因として後悔している点として、本業の忙しさを理由にして、時間ができたときになんとなく記事を書くというやり方をしていたことがあげられます。

これから副業でブログを始める方はしっかりと理解してほしいのですが、時間ができたらやろうという程度の意志では副業でブログはやらないほうがいいです。

ブログはそんなに簡単なものではありません。時間を捻出して毎日ブログと向き合う覚悟が持てないと、わたしみたいにダラダラと成果のでない苦悩の日々が長引いてしまいます。

まずは最初のうちは本気で取り組んで、軌道に乗ってからは少しペースを落とすというのが副業ブログの成功の鍵です。

1-2. 副業ブログを軌道に乗せるまでのコツ(技術編)

副業ブログを軌道に乗せるまでのコツとして思考的な面以外にはもちろん技術的な面もあります。

  • 成果の出ている人のブログをマネすること
  • 成果の出ている人のアドバイスを受け入れること
  • 成果の出ている人のYouTube解説動画をしっかりと見て勉強すること

まずは、成果の出ている人のブログを積極的にマネしましょう。誤解しないでほしいのですが記事の内容をコピーしてはダメですよ。

マネするのは、記事の構成やデザインです。

成果を出している人のブログをたくさん読んでみてほしいのですが、記事の構成やデザインは多くの人に共通することが見えてくるはずです。

記事の構成としては、まずは導入箇所で、読者に記事を読み進めてもらうための誘い文が書かれているはずです。また、本文に入ってもはじめに結論を述べてから、理由を解説したり。といった流れの記事が多いことに気づくはず。

ブログは結構特殊な読み物です。誰もが無料で気軽に読めてしまうがゆえ、記事を真剣に読んでくれるとは限りません。そのため、導入文で相手を惹きつけて、最後まで読んでもらうためにポイントから完結に述べたり、結論を先に持ってきたり。成功している人は何かしら工夫しているものです。

自分で自分流の工夫を見出すことはブログを続けていくうえでは必要になりますが、副業ブログで軌道に乗せるためには、まずは成功者から学んで積極的にマネてみるということがコツです。

デザインについても同様です。記事や写真の配置、文章の行間、囲いや色の使い方。成功している人のブログはとにかく見た目が綺麗で読む気が起きるようになっています。

記事の内容で勝負すればいいじゃんという方もブログ初心者には多いと思いますが、実際には見た目で拒絶されてしまうと誰にも読まれないので内容がいくらよくても価値はありません。

まずは見た目から。内容は読み進めてみたい気持ちが芽生えさせることができてから勝負しても遅くはありません。

YouTubeもすごく勉強になります。ぜひブログを始めたばかりの頃にたくさん見てください。モチベーションもあがりますし、テクニックもたくさん学ぶことができます。

わたしがおすすめするYouTubeは「manablogを運営しているマナブさんの動画」「hitodeblogを運営しているヒトデさんの動画」です。両人とも、ブログだけで生活しているブログのプロです。

初心者向けのコンテンツや精神論的なコンテンツも多数あります。しかも無料なのにものすごくわかりやすいんです。

これらのコンテンツを見ているかどうかでブログへの取り組み方が変わるといっても過言ではありません。必ず見ることをおすすめします。

2. 副業ブログで稼ぐまでの道のり

副業ブログで稼ぐまでの道のりは人によってはとても険しいです。わたしの場合は収益が出るまで1年以上かかってしまいましたからね。

最短でも4か月くらいは見ておく必要があります。

まずは、質の高い記事をたくさん公開し、ブログパワーを成長させていく。検索上位の記事を頑張って増やしてアクセスアップを目指す。

ある程度記事をかけたらGoogleアドセンスの審査に挑戦し、合格するまで粘る。合格したらアクセス数に限らずアドセンス広告を貼る。

それと同時期にアフィリエイトのASPにも登録する。初心者であればもしもアフィリエイトでいいと思います。

何かブログで紹介できる商品があれば積極的に紹介記事を公開しておく。

ブログの1日のアクセス数が100PV程度になれば月に9千円くらいはかせげるようになります。

そこまでいけば月間PVを5000を目指し、1万を目指しとステップアップしていけば収益も5万円、10万円と増えていくはずです。

【実績公開】1日100PVのブログでどのくらい稼げるのか
ブログを始めたからには少しでもお金を稼ぎたいと思っている人が多いのではないでしょうか。ブログを始めたばかりではアクセスがゼロの日のほうが多いと思いますが少し頑張れば1日100PVには到達できます。では、1日100PVであればどの程度稼ぐことができるのでしょうか。このブログでの実績を公開しますのでぜひ参考にしてください。

3. まとめ

副業ブログで継続するコツと収益をあげるまでの道のりについてお伝えしました。

ブログは軽い気持ちで始められますが、軽い気持ちで始めることはおすすめできません。

時間ばかりかかってしまい収入なんて全然得られませんよ。

副業でブログをやることはおすすめです。しかし、本気でやる意志は持っておかないといけません。

あまり語られないブログ業界の真実について詳しく知りたい方はこちらの記事をご覧ください。

ブログ初心者に伝えたい。1年間アクセスゼロも覚悟しておくこと
ブログを始めたらすぐにアクセス数が増えて稼げると思っていませんか?ブログ業界はそんなに甘くないです。数か月間アクセスがゼロなんで普通です。ただ記事を公開しているだけでは1年経ってもアクセスがゼロのままかもしれません。いい面ばかりの記事が多いですが、私がブログ業界の真実をお伝えするとともに、どのように対策していけばいいかもお話しします。

以上、最後まで読んでいただきありがとうございます。

コメント