【レビュー】象印の炎舞炊きNW-KB10は熟成炊きが最高に美味い

家グッズ
こまり
こまり

象印の炎舞炊きが結構人気らしいのだけど、炊飯器に10万円も出す価値ってあるのかな・・・。

みすけ
みすけ

10万円の価値があるかは人それぞれだから一概には言えないけど、熟成炊き機能は本当に美味しいご飯が炊けるよ!徹底レビューするから参考にしてね。

高級炊飯器に興味を持たれている方であれば必ず選択肢に入ってくる象印の炎舞炊き(NW-KB10など)。容量や筐体の色で型名が異なるので、ここでは炎舞炊きとして捉えていただければと思います。

象印の炎舞炊きの外観写真

わたし自身も実際に使っていますが、ご飯が本当に美味しく炊けるので非常におすすめの炊飯器です。最高級価格帯の製品になるので、「本当にそこまでのお金を払う価値があるのか」という点が購入に踏み切れない最後の砦ではないでしょうか。

炊飯器は1万円以下でも購入できますし、2、3万円の価格帯の商品であっても日本製であればかなり美味しいご飯を炊くことができるのが事実です。そんな中、10万円を超える価格帯の商品はこの価格差を埋めるほどの価値があるのでしょうか?

私としては購入に踏み切った後悔は一切ありません。しかし、私の口からは10万円を超える価値があります!と自信満々には言えないということも事実です・・・。

なんとも煮え切らない感じになってしまいますが、私が実際に使用した感想を詳しくお伝えしますので、購入を迷われている方はぜひ参考にしていただければと思います。

この記事はこんな方におすすめ
  • 象印の炎舞炊きの購入を迷っている方
  • 炊飯器に10万円もかける価値があるか知りたい方
スポンサーリンク

1. 象印の炎舞炊きNW-KB10は熟成炊きが最高に美味い

象印の炎舞炊きを購入するか迷われている方に最初にお伝えしたいことは「ご飯は美味しく炊けます。片付けも楽です。自信を持っておすすめできます」ということです。炎舞炊きはご飯の炊き方のバリエーションはものすごく多く、自分好みの炊き方を追求することができます。

しかし、その中でも熟成炊きという炊き方が最高に美味しくご飯を炊けるのでおすすめです。

1-1. 象印の炎舞炊きNW-KB10とは

この記事を見てくださっている方には不要な情報だと思いますが、簡単に象印の炎舞炊きについて説明します。炎舞炊きの特徴は以下の通りです。

  • 最高級価格帯の圧力IH炊飯器
  • 3つのヒーターを独立制御することで発生する複雑な対流を活用してご飯を美味しくムラなく炊ける
  • 鉄を仕込んだ内釜(豪炎かまど釜)
  • 炊飯メニューが豊富で、通常の炊き方に加えてわが家炊き機能や熟成炊き機能が搭載されている

簡単に言うとかまどでご飯を炊いた際の米の動き、熱の入れ方を再現できるため、ムラなく美味しいご飯が炊けます。また、美味しいと感じるお米の炊き加減は千差万別ですので、どんな人の好みにも合わせられるほど細かく炊き方を調整できるということです。

2. 炎舞炊きにして良かった点

それでは、個人的に炎舞炊きにして良かった点をお話しします。

  1. ご飯が美味しくムラなく炊ける
  2. 洗い物が楽
  3. 立つしゃもじと無洗米用の計量カップが付属している

2-1. ご飯が美味しくムラなく炊ける

ご飯がムラなく美味しく炊けるということが最も良かった点です。炊飯器を選ぶにあたって誰もが最も気になるポイントだと思います。

先ほど簡単に説明しましたが、炎舞炊きには、通常の炊き方に加えて、わが家炊きや熟成炊きといった機能が備わっています。わが屋炊きというのは、毎回ご飯を炊いて食べた後に感想を入力することで、次に炊くときに入力した感想を考慮して炊き方を変えてくれるという機能です。

これを毎回繰り返すことで、いずれ好みの炊き方に出会えるというものです。感想として入力できるのは、「かたさ」と「粘り」です。炎舞炊きを購入された方の口コミを見ると、3回目くらいで理想的な炊き方になったとか、初回はあまり美味しさが実感できなかったけど繰り返すうちに美味しく炊けるようになったという評価がある一方、何度やっても美味しく炊けなかったという評価もあります。

私としては、若干後者の評価に近く、何度か感想を入力して食べてを繰り返しましたが、しっくりとくる炊き心地には至りませんでした。おそらく、好みの炊き心地というのがはっきりしていない点と、「かたさ」、「粘り」をきちんと見極められる舌を持っていないことが理由です

しかし、こんな私でも炎舞炊きでご飯が美味しく感じた別の炊き方があります。それが、熟成炊きです。

炊飯時間が他よりも長くなりますが、お米の芯までじっくり吸水させることで甘み成分を増やすことのできる炊き方になります。これは、何度かわが屋炊きで失敗した後にチャレンジしてみましたが、一度で気に入りました。

熟成炊きがなければそこまで炎舞炊きを押すことはないかもしれませんが、この機能があるだけでおすすめ度は急上昇です。

2-2. 洗い物が楽

毎日ご飯を炊くと、片付けが楽にできるかも重要になってきます。私は料理をしない代わりに洗い物担当なので、毎日炊飯器も洗わなくてはいけません。

最近の高級炊飯器は機能が増えている分毎回洗うパーツも増えて、洗いにくい製品も多いのが事実です。しかし、炎舞炊きは毎回洗うパーツは釜の他に2点の内蓋のみで、構造もシンプルなので洗いやすいです。

内釜の写真
内蓋の写真

2-3. 立つしゃもじと無洗米用の計量カップが付属している

炎舞炊きの付属品には立つしゃもじと計量カップがあります。立つしゃもじは数百円で普通に購入できますが、結構使い勝手のよいものが付いてきます。しかも、筐体が黒であればしゃもじも黒です。白米が際立っていい感じです。

また、これは珍しいのですが計量カップが有洗米用と無洗米用の2種類がついてきます。これはご飯を本当に美味しく炊くには米の量と水分量を適切に調整する必要があり、有洗米用と無洗米用ではその量が微妙に異なるためです。

無洗米を利用しているご家庭にとっては嬉しい付属品だと思います。

3. まとめ

象印の炎舞炊きについてレビューしました。最高級価格帯の製品ですが、味については色々な炊き方ができるため、満足する炊き方さえ見つけられれば毎日美味しいお米が食べられるでしょう。お手入れが簡単な点も大きなポイントになります。

ぜひ、炊飯器の購入に迷っている方は参考にしてみてください。以上、最後まで読んでいただきありがとうございます。

コメント