【2021年版】まだ間に合う。損しないビットコインの買い方

仮想通貨
こまり
こまり

ビットコインの価格があっという間に上がっちゃったけどいまから買っても遅いかな・・・。

みすけ
みすけ

ビットコインの価値はまだまだ高まる可能性があるからいまからでも遅くないよ。損しないための買い方を解説するね!

ビットコインの価格上昇が止まりません。安定して600万円を超えるようになり1,000万円も視野にはいってきました。こうなると世間の感情は完全に2つにわかれます。

  • ここまで価格があがったならまだまだ上がるから早く買わないと
  • ここまで価格があがったらいまさら買っても遅い

あなたの感情がどちら寄りなのかはさておき、可能性としてはまだまだあがる要素はあります。もちろん、大幅に下落する可能性もありますがこればかりは神のみぞ知る世界です。

では、何もできないのかというと、そんなことはありません。

まず断言できることは、まだビットコインを持っていない方は、購入できる準備は整えておくべきということです。

これから詳しく説明しますが、ビットコインは欲しくなったからといって即座に購入できるものではありません。つまり、購入チャンスが来てから購入準備をしたのではチャンスを逃してしまうということです。

一番やってはいけないこととして、タイミングを逃したのに後追いで購入してしまうことです。こうなると損する可能性を自分で高めることになってしまいます。

前置きはここらへんにして、今回は損しないビットコインの買い方を詳しく解説していきます。まだ、ビットコインを購入したことない方はぜひ参考にしてみてください。

この記事はこんな方におすすめ
  • ビットコインに興味がある方
  • これからビットコインを購入する方
  • 損しないビットコインの購入方法を知りたい方
スポンサーリンク

【2021年版】まだ間に合う。損しないビットコインの買い方

【2021年版】まだ間に合う。損しないビットコインの買い方

ビットコインの基本的な購入手順は単純明快です。

  1. 仮想通貨取引所の口座を開設する
  2. 日本円を口座に入金する
  3. ビットコインを購入する

但し、この手順だけでは損を防ぐことはできません。ではどうすればよいのか。

その答えは購入前にチャート分析を行うことです。

つまり、わたしがおすすめするビットコインの購入手順は次のようになります。

  1. 仮想通貨取引所の口座を開設する
  2. 日本円を口座に入金する
  3. チャート分析で購入タイミングを見極める
  4. ビットコインを購入する

それぞれの手順を詳しく説明していきます。

手順①仮想通貨取引所の口座を開設する

ビットコインを購入するには仮想通貨取引所の口座を開設する必要があります。こればかりは避けては通れません。

株式投資をやったことのある方であればイメージできると思いますが、株を購入するには証券会社の口座開設が必須ですよね。それと同じくビットコインなどの仮想通貨を購入するには仮想通貨取引所の口座開設が必須となります。

証券会社がたくさんあるのと同じく、仮想通貨取引所もたくさんあります。初心者が口座開設に踏み切れない理由として、どの取引所の口座を開設すればいいかわからないことがあげられます。

回答としては、どこでもいい。ということになります。そんなことに悩んでいる時間があるならどこでもいいのでさっさと開設して1歩前進するほうが得します。無駄な時間を消費しなくて済みますし、ビットコインの購入機会を逃す可能性も低くなりますからね。

とはいえ、仮想通貨取引所の選び方を知りたいという方も多いと思うので簡単に解説します。仮想通貨取引所は次の観点で検討すればOKです。

  • 信頼できるか
  • 日本円を入金できるか
  • 利用者は多いか

それぞれ補足します。

①信頼できるか

仮想通貨取引所を選ぶ上では信頼性が最も重要な要素になってきます。

取り扱う商品が仮想通貨という特殊なものであるがゆえなのですが、仮想通貨を扱うリスクとしてハッキングや資産流出があげられます。

ニュースで一度は耳にしたことがあると思いますがハッキングや資産流出は実際に起こっています。

ハッキングや資産流出が起きると最悪の場合は仮想通貨の資産が全て消失するということになります。

では、どのように回避すればよいのかということになりますが、それには信頼できる取引所を使うということしかありません。

そのため、仮想通貨取引所は信頼できることを第一のポイントとして選定する必要があります。

②日本円を入金できるか

仮想通貨取引所は国内だけではなく海外にもあります。むしろ海外のほうが主流です。

しかし、海外の仮想通貨取引所は日本語に対応していないことも多く、対応していたとしても日本円を入金することができません。

ということで日本円を入金できるかという点をあげましたが、わかりやすくいうと国内の仮想通貨取引所にしましょうということです。

仮想通貨に深く関わる際にはDeFiやNFTを避けて通れません。そうなると海外の取引所も必要になってくるので海外の取引所の口座も開設しておいても構いません。海外の取引所であればまずはBinanceの口座を開設しておけばOKです。Binanceの口座開設はこちら

③利用者は多いか

利用者の数も重要な要素です。理由としては利用者が多いほうが困ったことがあったときに情報を集めやすいからです。

特に仮想通貨の初心者であれば困るケースは必ず訪れます。そんな時に利用者数の少ない取引所を利用していたのでは検索しても情報を得られない恐れがあります。

その点多くのユーザーがいれば同じことで過去に困った人も多いはずなので簡単に情報を集めることができます。

さらには、「利用者が多い=ユーザーの声を広く集められる=使い勝手が向上する」という最高のループが形成されます。これにより長期的にみてシステムが良い方向に改良されることが期待できます。例えば、簡単に購入できくアプリの導入や、取り扱い対象となる仮想通貨の種類が増えたりなどですね。

利用者数の多い取引所はもれなくそのことをアピールしているのでどの取引所利用者が多いかは簡単に調べることができますよ。

おすすめの仮想通貨取引所

初心者がまず口座を開設するべき仮想通貨取引所は「信頼できて利用者数の多い国内の仮想通貨取引所」ということになります。

この条件を満たす取引所はいくつかありますが、深く考えずにまずは次のどちらかを選択すればOKです。

  1. Coincheck
  2. bitFlyer

Coincheckは過去に資産流出問題を起こしていますが、その後国内金融の大手であるマネックスグループ傘下となりセキュリティや体制が強固となっています。利用者数も多いですし特に不自由なく使うことができる取引所になっています。Coincheckの口座開設はこちら

bitFlyerはビットコインの国内取扱量がNo.1ということを宣伝文句にしている取引所で信頼できる実績を持っています。

どちらにするかは好みの問題になってきますが、ホームページの説明を軽く読んで、直観で選べば問題ありません。

実際に使ってみて他の取引所のほうがよさそうであればその際に新規に口座を開設することも可能なのでそこまで深く考える必要はありませんよ。bitFlerの口座開設はこちら

手順②日本円を口座に入金する

仮想通貨取引所に口座を開設できたら次にすることは日本円を入金することです。日本円を入金する理由はもちろん仮想通貨を購入するためですね。

実際に買う前に入金すればよいのではと思うかもしれません。しかし、買い時は急に訪れるため、事前に入金しておく必要があります。

入金方法や入金手段は仮想通貨取引所によって異なるので開設した取引所のやり方を確認してください。

Coincheckの場合は、銀行振り込み、コンビニ振り込み、クイック振り込み(インターネットバンク経由)で入金が可能です。

手順③チャート分析で購入タイミングを見極める

はっきり言ってここからが本題です。

ビットコインの価格は2020年11月4日までは日本円で150万円以下でした。しかし、そこから急上昇して1年後の2021年11月10日には779万円まで到達しました。約1年間で5倍以上の値上がりです。

つまり、1年前であればどんなタイミングで購入しても基本的には儲かっているということです。しかし、言い換えるといまから購入する場合は適当に購入すると損をするリスクが伴います。

参考として2020年11月以降のチャートを以下に示します。これを見ると一目瞭然ですが、ビットコインの価格は上下に大きく振れています。

ビットコインチャート

では、このような状況化で損しないためにはどうすればよいか。その答えがチャート分析になります。

チャート分析はテクニカル分析ともいいますが、過去の値動き情報をもとに様々な指標を駆使して将来の値動きを予測する手法です。

分析に使う指標は星の数ほどあるのですが、有名かつ有効な指標としては次の通り。

  1. 単純移動平均線
  2. ボリンジャーバンド
  3. MACD
  4. RSI
  5. パラボリック・ストップ&リバース
  6. ストキャスティクス

ここにあげた指標はどれもチャート分析をする上では必須となります。どのような指標であるかを事細かに把握する必要はありませんが、それぞれの使い方はマスターしておきましょう。

ボリンジャーバンドの使い方については以下の記事で詳しく解説していますので参考にしてみてください。

絶対勝てる。ボリンジャーバンドの活用方法
ボリンジャーバンドって使ってますか?どんなものか知っているけど実践での活用方法に困っていませんか。今回お伝えする内容は絶対に勝てるボリンジャーバンドの使い方です。実際のチャートを用いて詳しく解説します。

チャート分析のツール

チャート分析をするにはツールが必要になります。仮想通貨取引所に口座を開設すれば何かしらのツールを使うことはできますが、おすすめはTradingViewというツールです。

TradingViewには無料版と有料版があるのですが、無料版だと広告が表示されたり同時に表示できる指標の数が少ないのでできれば有料版がおすすめです。

無料版で試してみて使えることがわかったら有料版に切り替えることでもOKです。まずは実際に使ってみましょう。登録はこちらからできます。

TradingViewの登録はこちら

TradingViewがおすすめな理由を詳しく知りたい方は以下にまとまっているので確認をお願いします。

【プロも使用】仮想通貨のチャート分析ツールはTradingViewが最強
仮想通貨を始めようとしている方。これからはチャート分析が必須ですよ。できるだけ安く買い。できるだけ高く売る。このためにはテクニカル面の分析が欠かせません。仮想通貨のチャート分析にはTradingViewというツールがおすすめです。おすすめの理由を詳しく解説します。

手順④ビットコインを購入する

チャート分析で購入タイミングを見極めたら、あとは実際に購入するのみです。

仮想通貨取引所の口座開設&日本円の入金は完了しているはずですので、取引所の方法に沿ってビットコインを購入してください。

この時に注意することといえば、販売所ではなく現物取引の板から購入することです。理由は簡単で販売所のほうが割高になってしまうからです。

気になる方は実際に確認いただければわかりますが、同時刻であってもビットコインの価格は販売所と板取引所では異なります。高く購入するとそれだけ損のリスクが高まるので購入時はしっかりと確認するようにしましょう。

まとめ

損しないビットコインの購入方法をお伝えしました。ポイントは「チャート分析」をすることです。ビットコイン以外の仮想通貨でも同じですが、いまから購入する場合はチャート分析は必須となります。

仮に時間を分散して機械的に購入している方であっても、損するリスクを減らすにはチャート分析をしてから購入タイミングを微調整することを推奨します。

インフルエンサーが発信したり、大企業がビットコインを購入すると発信したりして価格が急激に変化することは避けようのない事態ですが、そうでなければチャート分析である程度の値動きは予測することができます。

長期的にみてチャート分析のスキルをみにつけておいて損することはないのでぜひ試してみてください。繰り返しになりますがチャート分析にはTradingViewが必須です。まずはどんなことができるのか実際に使ってみてください。

TradingViewの登録はこちら

以上、最後まで読んでいただきありがとうございます。

コメント