ブログ記事の作成方法。初心者におすすめの基本手順を細かく解説

ブログ大戦
こまり
こまり

ブログを始めたんだけど、記事の書き方がよくわからなくて。基本手順みたいなものってないのかな・・・。

みすけ
みすけ

ブログの記事作成には正解というものはないけど、基本手順はあるよ。詳しく解説していくね!

ブログを始めると絶対にやらなくてはいけないことは「記事を書くこと」です。ブログは記事がないとアクセスは発生しませんし、収益も発生しません。

では、記事はどのように書けばいいのでしょうか。

記事なんて書いたことし、記事の書き方なんて学校で習わないからわからないよ。という方も多いはず。

こんなことを言うと元も子もありませんが、記事の書き方に正解はありません。色々と書いてみて自分流の書き方を見つければいいんです。

そうはいっても基本の手順はあります。まずは自分流の書き方を見つけるためにもブログ初心者の方は基本手順を身につけて記事を書くということに慣れていくのがおすすめです。

というわけでブログ記事の書き方の基本手順について詳しく解説していきます。記事の書き方で困っている方はぜひ参考にしてみてください。

この記事はこんな方におすすめ
  • ブログ記事の書き方がわからなくて困っている方
  • ブログ記事の書き方の基本手順を知りたい方
スポンサーリンク

1. ブログ記事の作成方法。初心者におすすめの基本手順を細かく解説

ブログ記事の作成方法。初心者におすすめの基本手順を細かく解説

文章を書く機会は色々とあります。メール、報告書、論文、日記・・・。どれもある程度の定型パターンが存在します。同じくブログの記事にもある程度の定型パターンは存在します。

しかし、ブログは結構特殊な読み物なので本文は定型パターンに沿って書けばよいのですが、実際に記事を書き始める前段階でノウハウがあります。

1-1. ブログ記事作成の基本手順

ブログ記事作成の基本手順は次の通りです。

  1. 記事で狙う検索キーワードを決める
  2. 想定読者(ペルソナ)を決める
  3. 想定読者の悩み(検索意図)を考え抜く
  4. 想定読者の悩みへの回答を準備する
  5. 記事のタイトルを決める
  6. 導入文を書く
  7. 本文を書く
  8. リライトする

記事で狙う検索キーワードを決める

ブログで記事を書く際に最初にやることは「記事で狙う検索キーワードを決める」ことです。

ブログの特性を考えてみるとわかりますが、ブログの記事は有名芸能人などの場合を除いて基本的には何かを調べる際に読まれます。そして、何かを調べる際には調べたいことに関するキーワードをGoogleやYahooに入力して検索します。

そして、検索結果に表示された記事のタイトルから調べたい結果を教えてくれそうな記事を開いて読むといった流れになります。つまり、ブログの記事では次のポイントが大切になります。

  • 読者が調べたいことへの回答が記載されていること
  • 読者が検索する際に使う単語(キーワード)が網羅されていること

読者が求めていることは調べたいことへの回答を得ることです。そして、検索する際に使った単語で検索結果にその記事が表示されることです。

そのためには、記事で狙う検索キーワードを決める必要があります。やみくもに記事を書いてから検索キーワードを後付けで考えるという方もいますが、それはやめたほうがいいです。

理由は簡単で、記事を書いてからどんな風に検索されるかを考えるよりも、どんな風に検索されるかを考えて、それにあった記事を書くほうが記事の質が高まるためです。

そのため、ブログで記事を作成する際に最初にやることは「記事で狙う検索キーワードを決める」ことなのです。ブログで記事を書くことになれてきて、自分流の書き方を見つけたとしても、最初にやることは「記事で狙う検索キーワードを決める」ことであることに変わりはありません。

中には初心者のうちは検索キーワードは意識しなくてよいという方もいます。検索キーワードを意識して記事の作成が後回しになるよりも、初心者はとにかく記事を書くことに慣れることが大切という考え方です。

もちろんそのような考え方もあります。しかし、ブログを続けていく以上、検索キーワードを決めてから記事を書くという流れは避けては通れません。わたしとしては、初心者のうちからこの流れ自体を身につけるほうが後々のことも踏まえてメリットは大きいと考えています。

想定読者(ペルソナ)を決める

記事で狙う検索キーワードを決めたら、次にすることは検索キーワードで実際に検索する読者を設定することです。マーケティング用語でいうところのペルソナを決めるということです。

ブログにおけるペルソナの設定についてはこちらの記事で詳しく解説してるので参考にしてください。

ブログ成功の秘訣はマーケティング。ペルソナを意識してアクセスを稼げ!
ブログ成功の鍵がどこにあると思いますか?答えはマーケティングです。どんなに優れた記事を書いてもマーケティングがしっかりとできていないとアクセスは伸びません。今回はマーケティングの基本的な流れ、特に重要となるペルソナ設定の考え方についてご紹介します。ブログで成功したいとお考えの方はぜひ参考にしてみてください。

簡単に説明すると想定読者(ペルソナ)はある特定の1人を設定します。複数人のイメージではないので注意してください。簡単な方法は過去の自分に設定することです。過去に自分が調べたことに対してよりわかりやすい記事を書いてあげるイメージですね。

想定読者の悩み(検索意図)を考え抜く

ペルソナを設定したら、徹底的にその人になりきって妄想してください。何を妄想するのかというと先ほど設定した検索キーワードで何を知りたくて検索するのかということです。

例えば検索キーワードを「ブログ 初心者 お金」に設定したとしましょう。このキーワードで知りたいことはなんでしょうか。例えば次のようなことが考えられます。

  • ブログ初心者がお金を稼ぐ方法を知りたい
  • ブログ初心者がお金をどのくらい稼げるのか知りたい
  • ブログ初心者がブログ運営にどのくらいお金がかかるかを知りたい
  • ブログ初心者がお金を搾取されない(詐欺被害にあわない)方法を知りたい

少し極端な例をあげましたが、表面的なことだけではなくより深い検索意図まで考えておくことがポイントです。ここでどれだけ深く考えられるかで記事の質が大きく変わってきますし、ここさえ外さなければある程度質の高い記事は簡単に書けるといえます。

想定読者の悩みへの回答を準備する

想定読者の検索意図を深堀したら、読者が知りたいことへの回答を準備します。その際のポイントは次の通りです。

  • 結論を明確にすること
  • 結論の理由を明確にすること
  • 結論の理由の根拠を明確にすること
  • 結論、理由、根拠が論理的につながっていること

先ほどの例を使うと、想定読者の知りたいことが「ブログ初心者がお金を稼ぐ方法を知りたい」とします。すると結論としては、「ブログでお金を稼ぐ方法としては、①おすすめの商品をブログで紹介して購入につなげてもらうこと、②記事に広告を貼ることがあげられます。ブログ初心者には①のおすすめの商品をブログで紹介して購入につなげてもらうことがおすすめです」のようなことが言えます。

そして、この結論の理由としては、「広告収入をあげるにはアクセス数を稼ぐ必要があって初心者では厳しくなります。おすすめ商品の紹介であれば独自の視点を盛り込み、分かりやす記事がかければ読んでもらえる可能性が高まり、購入意欲を促進できれば実際に買ってもらった結果収入を得ることができるためです」のようになります。

そして、この理由の根拠としては「わたし自身も初心者の頃にブログでお金を稼げた方法がおすすめ商品を紹介することだったからです」のようになります。

このように読者が知りたいことに対して、明確な結論とその理由、さらに理由の根拠が構築でき、それぞれが論理的につながっていればOKです。

記事のタイトルを決める

想定読者の悩みへの回答を準備できたら一先ずブログ記事のタイトルを決めましょう。タイトルはいつ決めてもいいのですが、SEO観点でも重要となるのでこのタイミングで決めるのがベストです。

タイトル決めのポイントは次の通りです。

  • 想定キーワードを全て含めること
  • 悩みを解決できることがわかるようにすること
  • 32文字以内にすること

基本的なタイトル決めのポイントはこの通りなんですが、実際には読者の目を惹くためのテクニックが必要です。また別の記事で解説していきますのでお待ちください。

導入文を書く

ここまできたら記事の作成に着手していきます。まずは導入文を書きます。

導入文はブログにおいては結論に並ぶとも劣らないほど重要なパートです。

これもブログをいう特殊性が寄与しています。ブログの読者はより短時間で調べたいことの回答が得られる記事を探します。検索して複数の結果が表示された中でまずはタイトルを見て読む記事を決めます。

しかし、記事を開いてもらえたとしても導入文に全然関係ないことが書かれていると、読者はこの記事では回答は得られないと判断して別の記事に移動します。

これはブログが無料で読めるということ、情報が溢れていることが大きく効いています。

通常の本の場合、立ち読みは置いておいたとして、実際にお金を払って購入したからにはどんなに導入文がつまらなくてももう少し読み進めてみようという気持ちが働きます。しかし、ブログは無料なので関係なさそうだったり、読みにくいと感じたら読者は迷わず離脱します。読み進めるよりも他の記事を探すほうが効率がよいと思ってしまうためですね。

導入文の後にどんなに適切で明快な回答がかかれていようとも、そこまで読んでもらえないのです。というわけで、一番重要なのは結論部分であることは間違いありませんが、結論まで読んでもらうためにも導入文は重要になってくるのです。

では、導入文はどのようなことに注意して書けばいいのかということですが、ポイントは次の通りです。

  • 読者の悩みを記載すること
  • 読者の悩みに共感すること
  • 読者の悩みが解決できることを示唆すること
  • 読む気が起きる見た目にすること

基本的に読者が記事を見たときに、この悩みを解決したいんだよね。この記事は同じ悩みに共感してくれてるから期待した結果が得られそうかな。得られそうなことも書いてあるし読み進めてみるか。という思考を働かせてもらえればOKです。

本文を書く

ここまできたらいよいよ本文を書きます。本文は、結論→理由→根拠の順に書くようにしましょう。

文章を書く際のパターンとして「結論を最後に書く」方法と「結論を最初に書く」方法があります。

ブログにおいては、先ほどお伝えした通り、読者が得たい情報をなかなか得られないと最後まで読まずに離脱してしまいます。そのため、結論を最初に書くことが重要です。

結論を最初に書くと最後まで読まれないんじゃないかと思われるかもしれません。しかし、読者が知りたい結論を最初に得られた場合は、その理由や根拠を詳しく知りたくなります。そのため、離脱は発生しないと考えてよいでしょう。

それよりも得たい結論がなかなか得られなくて離脱されてしまう可能性のほうがよっぽど高いです。

リライトする

基本的には先ほどの本文を書くという箇所で記事は完成です。しかし、ブログの記事は一度作成して公開したら終わりというわけにはいきません。

情報はどんどん上書きされてきます。他のブロガーが良質な記事を次々に作成してきます。

全く読まれない記事を公開しているだけで満足という方は何もしなくてよいですが、たくさんの人に読んでもらいたいならば、定期的に記事をリライト(更新)しないといけません。

リライトという作業は中級者になってからでもよいので、初心者のうちは記事の更新は必要ということだけ理解しておいてください。リライトの頻度や方法については別の記事で詳しく解説しようと思います。

2. まとめ

ブログ記事の基本的な書き方手順を詳しくお伝えしました。この流れで一度実際に書いてみることでどこが難しいかがわかってくると思います。とにかく試してみて、難しいところややりにくいところは自分流に改善してくことがブログで記事を継続的に書いていくためには必要です。

まずは苦労しながらでも書いてみましょう。ブログ運営で困っている方はこちらの記事も参考になるはずです。興味があればあわせてご覧ください。

ブログ初心者に伝えたい。1年間アクセスゼロも覚悟しておくこと
ブログを始めたらすぐにアクセス数が増えて稼げると思っていませんか?ブログ業界はそんなに甘くないです。数か月間アクセスがゼロなんで普通です。ただ記事を公開しているだけでは1年経ってもアクセスがゼロのままかもしれません。いい面ばかりの記事が多いですが、私がブログ業界の真実をお伝えするとともに、どのように対策していけばいいかもお話しします。
ブログ毎日更新なんて無理。諦めるのはまだ早い。ツール活用で解消!
ブログは毎日更新しなくてはいけないのか?ブログをやっていると誰でも一度は考えることになるテーマです。答えは必須ではないけど必要です。ブログでアクセスアップや収益アップを目指すのであればブログは毎日更新するほうがいいです。その理由と毎日更新するためにはどうすればよいのかということをお伝えします。

以上、最後まで読んでいただきありがとうございます。

コメント