チャイルドシートは安いやつをネット購入でOK。後悔しない選び方

子育てグッズ
こまり
こまり

チャイルドシートって子どもが座るだけなのに高いものから安いものまであって選び方がわからない。高いものじゃないと後悔するかな・・・。

みすけ
みすけ

そんなことないよ。むしろチャイルドシートは安いやつでOKだよ!おすすめはネット購入!選び方を説明するね。

子どもが生まれたら車に乗る時に必須となるアイテム、それはチャイルドシートです。

あまり知られていませんが6歳未満の子どもを車に乗せるにはチャイルドシートの利用が法律で決められています。チャイルドシートを利用せずに取り締まりを受けた場合は違反点数1点の罰則を受けることになるので注意してください。

チャイルドシートは、価格帯で言うと数千円から10万円程度まで幅広いラインアップがあります。命を守ってくれるものだし、可愛い子どものためには高いチャイドルシートを購入するほうが安心と考えられる方も多いのではないでしょうか。

しかし、実際には高いチャイルドシートは必要ありません。安いやつでOKです。

今回は、なぜ安いチャイルドシートでよいのか、後悔しない選び方のポイントについてお伝えします。

チャイルドシートの購入時期について知りたい方はこちらもご覧ください。

チャイルドシートの購入時期は出産前がおすすめ。余裕をもって準備しよう
こまりチャイルドシートっていつ頃買えばいいのかな。出産前なのか産後なのかよくわからない・・・。みすけチャイルドシートは出産前に準備するのがおすすめだよ。理由を詳しく説明するね!車に子どもを乗せることになる方はチャイ...
この記事はこんな方におすすめ
  • チャイルドシートは高いやつと安いやつのどちらを購入すればいいか迷っている方
  • チャイルドシートの種類が多すぎてどんな仕様のものを購入すればよいか迷っている方
  • 安いチャイルドシートは少し不安だなという方
スポンサーリンク

1. チャイルドシートは安いやつをネット購入でOK。後悔しない選び方

チャイルドシートは安いやつをネット購入でOK。後悔しない選び方

チャイルドシートは法律で義務付けられているから利用することになるのですが、本来の目的は子どもを安全に車に乗せることです。

逆にいうと、子どもが安全に車に乗ることさえできればそれ以上のことはチャイルドシートには必要ありません。この考え方がチャイルドシート選びにはとても重要になります。

1-1. チャイルドシートで大事なのは安全性だけ

高価なチャイルドシートと安価なチャイルドシートは何が違うのでしょうか。簡単に違いをまとめてみました。

高いチャイルドシートと安いチャイルドシートの違い

高いチャイルドシートのほうが安いチャイルドシートと比べて機能が多くなりますし、質も良くなります。

実際に比べるとわかりますが、安いチャイルドシートよりも高いチャイルドシートのほうが質は良いです

これは当たり前の話ですよね。ブランド名だけで高くなっている場合は除きますが一般的に高いもののほうが使っている素材の質が良いので完成した製品の質も良くなります。

しかし、チャイルドシートの目的である安全性に着目すると高いもとと安いものには違いはありません。

これも当たり前ですけど、安全性の基準を満たせないチャイルドシートは出荷検査をパスできないので店頭に並ぶことはありません。

では、価格が高くて質も良い製品は安いものと何が違うのでしょうか。その答えは、親にとっての使い勝手と子どもの快適性になります。

シートが回転しないものよりも回転するほうが、子どもの乗せ降りが簡単です。日よけがついてるほうが子どもが眩しくなくてよいです。クッションの質が高いほうが、子どもは乗り心地が良いです。シートを取り外して持ち運べるほうが、子どもが寝てしまっても起こすことなく運ぶことができます。

でも、でも、よく考えてみてください。これらの快適性なんて高いお金を払ってわざわざチャイルドシートの機能で実現しなくても、工夫次第でどうにでもなります。

チャイルドシートの乗り降りなんて、1日に何十回もするものではないし、慣れてしまえばそこまで大変なことではありません。少しくらい我慢できます。

日よけなんて車の窓につければいいんです。チャイルドシートにカッコいい日よけがついている必要性なんてありません。

チャイルドシートに搭載されている追加機能のほとんどはメーカー側が他社との差別化を図るために搭載しているだけです。そんなものにお金を払う必要はありません。

では、何が必要か。

それは安全性です。

先ほどお話した通り、現在販売されているチャイルドシートはきちんと国が定める安全規格を満たしているので、結局はどれを選んでも安全性に支障はないということになります。

これがチャイルドシートは安いやつでOKという理由です。

2. チャイルドシートの選び方

チャイルドシートで大事なことは安全性だけということはわかってもらえましたか?では、数あるチャイルドシートの中から購入するものをどうやって選べばいいのでしょうか。

結論から言うと、良さそうなものをネットで注文してしまえばOKです。色々と店頭を回って探すようなものではありませんし、試乗も必要ありません。

ちなみに、わたしはJoieというメーカーのtiltというチャイルドシートにしました。価格はネットで1万円以下でしたね。

Joieとは・・・

イギリスの子ども用品メーカーです。チャイルドシートやベビーカーなど海外メーカーらしいオシャレなアイテムを低価格で販売しています。

品質は全く問題ありませんし、子どもが嫌がることなく乗ってくれているので乗り心地も問題ないのでしょう。

何万円もするものを検討されている方は、チャイルドシートは1万円以下に抑えて、余ったお金で他のアイテムに投資してみてはいかがでしょうか。

送料無料 Joie チルト(ブラック) カトージ Katoji【限定カラーあり】 ジョイー チャイルドシート Tilt 前向き 後向き
created by Rinker

3. まとめ

わたしが強く言いたいことは、

  • チャイルドシートに複雑な機能は必要なし!
  • 大事なのは安全性だけ!
  • ネットで安く買っても問題なし!
ということです。

少し話し変わりますが、ベビーカーは安いものより高いものを選ぶ方が後悔しないと思います

車に乗せているだけのチャイルドシートと違って、道の上を直接走行するベビーカーは骨組みなどの基本性能がある程度必要です。先ほどお伝えした高価格帯で真価が発揮される乗り心地が重要となってきますからね。

ベビーカーの選び方は詳しくはこちらの記事で解説していますので、興味のある方はあわせてご覧ください。

失敗回避!ベビーカー選びで本当に大切なポイントは5つだけ
ベビーカーって色んな種類があるし価格もピンキリなのでどれにすればいいか迷いますよね。私も散々迷ってから購入した一人です。迷いに迷って購入しましたが結構よい買い物ができました。そこで、今も迷っている皆様にベビーカー選びのコツをお伝えできればと思います。ぜひ、参考にしていただきベビーカーを購入してみてください。

以上、最後まで読んでいただきありがとうございます。

コメント