「知っている」と「理解する」、「わかる」と「できる」の違い

ビジネス
こまり
こまり

「知っていること」と「理解していること」、「わかること」と「できること」ってどう違うんだろう・・・。

みすけ
みすけ

これらの違いを理解することは大切だからきちんと解説するね!

「知っていること」と「理解していること」、「わかること」と「できること」。あなたは違いがわかりますか?

違いがわかるという方は今回再認識する場にしてください。もし違いがわからないという方はしっかりと違いを理解するようにしてください。これらの言葉の意味の違いはしっかりと押さえておかないと様々な場面で困ることになります。

この記事はこんな方におすすめ
  • 知っていることと理解していることの違いを知りたい方
  • わかることとできることの違いを知りたい方
スポンサーリンク

「知っている」と「理解する」、「わかる」と「できる」の違い

「知ってる」と「理解する」、「わかる」と「できる」の違い

日本語は正確な意味を知らなくてもある程度使える言語です。曖昧さを含んだ言葉なんですよね。

しかし、似たような言葉でもきちんと意味を理解しておく必要がある言葉があります。

それが「知っている」、「理解している」、「わかる」、「できる」です。

知っていると理解しているの違い

知っていると理解しているの違いを簡単に説明すると、次の通りです。

  • 知っている・・・聞けば何かがわかる。認識はしている。
  • 理解している・・・誰かに説明できる。

「理解している」状態であれば、誰かに説明できるということです。知っているだけでは誰かに説明することはできません。これが最も大きな違いになります。

どんなことでもいいのですが、ある単語の意味は知っているけどそれを知らない人に説明できなけければ、理解している状態とはいえません。単に知っているという状態です。

知っているだけか、理解できているかを自分で確かめるには誰かに説明できるかどうかを試してみてください。誰かに説明ができたら自信を持って理解している状態といえます。

わかるとできるの違い

わかるとできるの違いは簡単ですよね。例えばピアノの弾き方はわかりますよね。鍵盤を押さえれば弾けます。しかし、弾き方を知っていたとしても弾けるとは限りませんよね。

  • わかる・・・方法を知っている。方法を理解している。
  • できる・・・方法を実践できる。

実践することができてはじめて「できる」状態といえます。知識ばかりあっても実践できないのであればそれは、わかっているだけという状態です。

「知っている」から「理解している」、「わかる」から「できる」に移行することが重要

ここまでで「知っている」と「理解している」の違い、「わかる」と「できる」の違いについては理解できたはずです。違いが理解できたなら、自分のスキルを伸ばすために一歩前進してみましょう。

どういうことかというと「知っている」から「理解している」に移行していくこと、「わかる」から「できる」ことに移行していくことです。

「知っている」から「理解している」に移行するメリット

知っていることから理解していることに移行することができればどのようなメリットが生まれるのでしょうか。

結論として、いろいろな人から頼られる存在になることができます。

なんでも知っている人となんでも理解している人の違いを考えてみてください。なんでも知っている人は話題が豊富なのでどんな人とも会話できるという特徴があります。それはそれで素晴らしいことです。

一方でなんでも理解している人はどうでしょうか。誰とも会話できることはなんでも知っている人と同じです。それに加えて知らない人に知っていることを教えてあげることができます。

社会人になると実感する場面があると思います。なにか困ったことがあったら〇〇さんに聞いてみよう。そんな風に多くの人から思われている人っていますよね。それがなんでも理解している人です。

なんでも理解している人になれると自然といろいろな人が集まってきます。すると人脈がどんどん広がります。人脈が広がるといつか自分に返ってきます。

「わかる」から「できる」に移行するメリット

わかることからできることに移行できることで初めて意味をなすことが多いです。どういうことかというと、多くの場合でわかってもできないと意味がありません。

仕事の場面を例にとると、報告書の書き方がわかる状態。つまり、背景、目的、結論といった流れで書けばいいということがわかっていても、実際に書けないと意味がありませんよね。

社会人になると「わかること」と「できること」は違うということをきちんと理解しておく必要があります。これができないと、わかってるだけで何もできない人になってしまう危険があるためです。

社会人ではできる人になる必要があり、そのためにはわかるとできるが違うという意識を持てることがスタート地点となります。わかっているからというところで思考を停止していると一生できる人にはなれなくなってしまいます。

わかるとできるの間には大きな溝があることを理解し、その溝を埋めてできるようになるにはどうすればいいのかを考えて、溝を埋めるために行動して初めてできる人になれます。

まとめ

知っていると理解している、わかるとできるの違いを説明しました。ぜひ違いを理解し、知っているから理解しているへの状態へ、わかるからできる状態へ移行していきましょう。

以上、最後まで読んでいただきありがとうございます。

コメント