離乳食のイライラ解放の鍵はシリコングッズ。おしゃれで機能的なアイテムを紹介

子育てグッズ
こまり
こまり

子どもが離乳食の後って食べこぼしの片付けが大変で。なんとかする方法ないですかね・・・。

みすけ
みすけ

それならシリコングッズをうまく活用することがおすすめだよ。片付けの効率が全然違うからね!

子どもが離乳食を始めたばかりの頃は、子どもの成長を実感できて多少の汚れは気にならなかったと思います。しかし、更に子どもが成長してくると離乳食を手でぐちゃぐちゃ触ったり、こぼしたりと段々と離乳食の時間が憂鬱になり、イライラがたまってくることでしょう。

時間がない時に限って食べこぼしが多くて片付けが大変になるということは離乳食あるあるですね。

子どもに悪気はないので、イライラしていても仕方ありません。なんとか片付けを楽にする方法を考えてあげるべきですよね。

そんな離乳食時の大変な片付けを楽にしてくれる便利グッズとしておすすめなのがシリコン素材のグッズです。しかも便利なだけでなくておしゃれという最強のアイテムをご紹介します。

この記事はこんな方におすすめ
  • これから離乳食だけど何を準備すればいいか困っている方
  • すでに離乳食で大変な思いをしている方
  • 子どもの食事の時間で特に片付けが負担に感じている方
スポンサーリンク

1. 離乳食の後片付けが大変な理由

離乳食の後片付けが大変な理由を少し考えてみましょう。人にもよると思いますが、一般的に多いのは以下の理由ではないでしょうか。

  • 机の上に食べこぼしてしまう
  • 机の上に食べこぼしたものが床に落ちる
  • 服の上に食べこぼしてしまう
  • 食べ物を触った手で色んな場所を触ってしまう

結局、片付けが大変な理由のほとんどは机や服が食べ物で汚れてしまうということに落ち着きます。

机の場合は布巾で綺麗にふかなければいけないし、服の場合は着替えさせて汚れた服を洗濯してという作業が発生します。

食事のたびにこれらの作業が発生してしまうので段々とイライラしてしまうというわけですね。

つまり、机や服が汚れることを防ぐことさえできればこのイライラは解消できるということになります

2. 離乳食のイライラを解消するアイテム

先ほど説明した通り、離乳食時のイライラ。つまり机や服が毎回汚れることを防止できるアイテムがあります。

それは、シリコン素材のランチョンマットと同じくシリコン素材のスタイ(よだれかけ)です

それでは、それぞれのおすすめ商品をご紹介していきますね。

2-1. シリコンのランチョンマット

シリコンのランチョンマットの写真

シリコンのランチョンマットは離乳食が始まったら絶対にあると便利なグッズです。これは離乳食に限った話しではありませんが、子どもがご飯を食べると食べ物や飲み物をすぐにこぼします。

机にお皿を直置きしていると、机が汚れるので毎回拭かなければいけませんし、布のランチョンマットを引いていると机は汚れませんがランチョンマット自体が汚れるので毎回洗わなければいけません。

そんなときはシリコンのランチョンマットの出番です。これを敷いていれば汚れたらランチョンマット自体をそのままシンクに持っていって水で流せば片付けは完了です。本当に簡単です

子どもが離乳食を始めた頃は机に直接お椀などを置いていましたが、これでもかってくらい机が汚れて毎回拭くのが大変でした。しかし、シリコンのランチョンマットを採用した結果、こぼしたものごとシンクまで運ぶだけでよいので一気に片付けが楽になりました。

また、片付けが楽になるだけでなく、滑り止めとしても高い効果を発揮するので、お皿がすべりにくくなります。スプーンやフォークを使い出すとお皿を手でもたずに食べ物をすくおうとするのでシリコンのランチョンマットが敷いてあるほうが取りやすくなります。

シリコンのランチョンマットは色々な種類がありますが、わたしのおすすめはWe Might Be Tinyのランチョンマットです。とにかくかわいくておしゃれです。その上子どもに安全に素材で作られているのえ安心なんです。離乳食が終わってもずっと使い続けられるのでぜひ購入して試してみてください。

詳しくはこちらの記事にまとめてみましたので、興味のある方はぜひご覧ください。

【離乳食の必需品】シリコンマットはWe Might Be Tinyで決まり!
子育てしている人におすすめの便利グッズのシリコンマット。子供の食事の後片付けが格段に楽になるグッズです。数あるシリコンマットの中でも私がおすすめするのはWe Might Be Tinyです。おすすめポイントを余すことなくお伝えします。

2-2. シリコンのスタイ

ランチョンマットに続いて同じくシリコン製で持っておくべきアイテムはスタイ です。ご飯を食べる時のエプロンのことですね。

当たり前ですが子どもは最初から綺麗にご飯を食べられるわけではありません。なんで?っていうくらい食べこぼします。そんなとき、スタイがないと毎回食事のあとに着替えが必要になってしまいます。

これを避ける手段としてスタイが登場するわけですが、スタイの素材には一般的には布、プラスチック、そしてシリコンがあります。

布のスタイは、種類が豊富で好きなデザインを選べるという利点がありますが、毎回洗濯が必要になるので面倒です。プラスチックのスタイは汚れたら水で流せばいいので片付けは楽ですが、使い続けると割れてしまうことが多くコスパが悪いです。

そこで、わたしの一押しはシリコンのスタイです。汚れたら水で流せばいいのはプラスチックと同じですが、割れることがありませんし、柔軟性があるので子どもの体系に合わせてフィットしやすいです。

また、おしゃれで可愛いタイプのスタイも色々と販売されていますので選ぶ楽しみもあります。

シリコンのスタイの場合は 食べこぼしたものをキャッチできるポケットがついているものがおすすめです。片付けを楽にするには洋服の汚れを防止するだけではなく、食べこぼしたものを片付ける手間も省略できるほうがいいですからね。

ポケットがあることで水分であろうが固形物であろうがすべてキャッチしてくれるので圧倒的に片付けが楽になります。

わたしがおすすめするシリコンのスタイはアプレレクールのスタイです。十分な深さのあるポケットもついているしデザインがかわいくて色も選べます。好みのデザインを探す楽しむがあることって大切ですよね。

アニマルシルエットお食事用エプロン4(成型) ▽▽ ベビー かわいい apreslescours アプレレクール 子供服 キッズ ベビー スタイ よだれかけ エプロン エフオー FO くま ねこ うさぎ _gf20 △△ v443908
created by Rinker

3. まとめ

離乳食の片付けのイライラを解消するための便利グッズをご紹介しました。ポイントはシリコン製のアイテムを活用することです

離乳食で一番大変なのは後片付けなので、シリコン製のランチョンマットとスタイを使って片付けを効率化してしまいましょう。

本当に驚くほど負担が軽減するので、まだ試していない方はぜひ試してみてください。以上、最後まで読んでいただきありがとうございました。

コメント