子供の靴代を抑えるコツは上手に買い置きすること!

子育てグッズ
こまり
こまり

子どもが小さいうちは、足がすぐに大きくなるので靴の買い替えが大変よね。保育園に通っていると自宅用と保育園用で2足必要になるから金銭的にも辛いし・・・。

みすけ
みすけ

子どもの成長は喜ばしいけど、正直金銭面は辛いよね。できる限り予算を抑えるには上手に買い置きすることが大事になるよ!

子どもの成長は喜びに溢れますよね。昨日できなかったことが今日できるようになる。毎日その成長力に驚かされている方も多いと思います。足の大きさの成長にも驚かれるのではないでしょうか。ついこの間ファーストシューズを購入したのに数か月後には履けなくなるという衝撃。誰もが経験することでしょう。

そして、もう一つ驚かされることが。それは・・・「子ども靴の価格の高さ」です。

あんなに小さいサイズなのに大人と同じくらいの値段がするのはなぜなのでしょうか?数か月毎に買い替えるのって意外と家計へのダメージが大きいです。しかも、保育園に通っているとその費用は倍になります。

なぜなら自宅用とは別に、保育園に据え置いておく靴が必要になるからです。これによりほとんど同じサイズの靴を2足ずつ準備しなくてはいけません

靴代を抑える方法としては、買い換えずにしばらく同じサイズを履かせるということが思いつきます。しかし、子どもの大切な成長時期ですのでそれは絶対に避けてください。サイズの合っていない靴を無理に履かせると自然な成長を妨げることになります。

では、どうやって靴代を抑えればよいでしょうか。その方法は、上手なタイミングに買い置きをすることにあります。具体的な方法を説明していきます。

この記事はこんな方におすすめ
  • 子どもの靴代が負担になっている方
  • 子どもの靴代を抑える方法を知りたい方
スポンサーリンク

1. 子どもの靴を上手に買い置きするポイント

子どもの靴を上手に買い置きするポイント

子ども用の靴を安く購入するためにセールを利用している方も多いと思います。すると、何かに気が付きませんか?

そうです。なぜか靴のサイズによって値引き率が異なるのです。

理由はわかりません。在庫の数にでもよるのでしょうか?まぁ理由はともかく事実としてサイズによって値段が異なるのです。

しかも、値段の安いサイズがいつも同じってわけではありません。セールのタイミングによって安くなっているサイズは違うんです。

そこで買い置きの大事なポイントは、少し大きめのサイズでも安くなったタイミングで購入しておくことです。

普段使いのスニーカーの場合、サイズは0.5cm刻みで販売されています。子どもは成長過程で必ずそのサイズを通ることになるので安いタイミングで購入しておいて無駄になることはありません。

特に保育園に通っている方は絶対に同時期に2足必要になるので確実に使用する機会は訪れます。

2. 自宅用と保育園用の靴のサイズは微妙にずらそう

子どもの靴代を抑えるコツは上手に買い置きすることでした。しかし、更に少しでも靴代を抑えるコツがあります。

それは、自宅用と保育園用の靴のサイズを微妙にずらしていくことです。

どういうことかというと、例えば12cmの靴を2個購入するのではなく、12cmと12.5cmを購入するのです。

自宅用にはピッタリサイズの12cmを使い、同時期の保育園では少しだけ大きめの12.5cmを使います。次に購入する際には自宅用として13cmの靴を購入します。保育園の12.5cmの靴がピッタリの時に自宅では少し大きめの13cmの靴を使います。

このように同時期に全く同じサイズの靴を使わないことで、少しづつ交換タイミングをずらすことができます。これは積み重ねですが同時に同じサイズの靴を買い替えるのより靴代を抑えることができます。

3. 買い置きする際の注意点

子どもの靴を買い置きすることが靴代を抑えるポイントですが、1点注意することがあります。

それは、シーズン物の靴は買い置きしないことです。

シーズン物の靴の例としては、夏用のサンダルや冬用のブーツです。これらを事前に購入すると、足のサイズと履く時期がマッチしない危険性があります。

時期の関係ないスニーカーであれば足のサイズに合わせて買い置きの靴でちょうどいいサイズを選択すればよいのですが、シーズン物の靴だとそうはいきませんよね。

せっかく安く購入しても履けなければそれこそ無駄です。買い替えも発生するので結果として費用がかさむことになってしまいます。

4. まとめ

子どもの靴代を少しでも抑えるコツをご紹介しました。靴の買い置きは少し勇気が必要かもしれませんが絶対に無駄にはなりませんので、定期的に店頭やAmazon、楽天などのセールをチェックして、まだ先のサイズが安くなっていたら購入しましょう。

ちなみに靴を安く購入する方法としておすすめなのはAmazonが提供しているプライム・ワードローブというサービスを利用することです。これは好きな靴を自宅に送ってもらい試着した上で気に入った靴のみ購入し、不要品は返品することができるものです。セールで安くなった靴を一度に数足注文し、子どもに実際に履き比べてもらって選ぶことができるので大変便利です。

詳しくはこちらの記事で解説していますのであわせてご覧ください。

子どもの靴を買うならプライム・ワードローブが最強。自宅で選び放題!
子どもの靴選びって大変ですよね。すぐにサイズがあわなくなるので頻繁に買わなくてはいけません。そのたびに気に入るデザインがなかったり、子どもの足にフィットするものがなかったり。しかし、この悩みを解消してくれる方法があるんです。それがプライム・ワードローブです。どんなサービスなのか詳しく説明します。

以上、最後まで読んでいただきありがとうございます。

コメント