在宅勤務はインプットが不足しがち。視野を広げて情報収集を怠るな!

ビジネス
こまり
こまり

在宅勤務だとずっと家にいるので世間に置いていかれる気がして怖い・・・。

みすけ
みすけ

ずっと家にいるとそうなるよね。インプットが不足することが原因だね。家にいても情報収集を怠らなければ平気だよ!

在宅勤務が日本でも急速に普及しています。これからの働き方のスタンダードになっていくことは間違いないでしょう。在宅勤務のメリットとして最も一般的なことは「通勤時間がゼロになること」です。

勤務開始時間ギリギリまで寝ていようが問題ありませんし、定時と同時に家で自由にできます。素晴らしいですよね。

時間の面では在宅勤務に勝る働き方はないでしょう。しかし、通勤時間がゼロになる代わりにインプットが不足します。

どういうことかというと、通勤する際には無意識にいろいろな情報がインプットされています。つり革広告、工事現場、すれ違う人の会話・・・。在宅勤務を続けているとこれらインプットの大切さに気づかされます。

普通に在宅勤務をしているだけだとこれらインプット不足が原因で世間の流れをつかめなくなったり支障がでてきます。この問題を回避するには広い視野を持って自主的に情報収集を怠らないことが必要です。どのように情報収集すればいいかということをお伝えします。

この記事はこんな方におすすめ
  • 在宅勤務でのインプット不足を解消する方法を知りたい方
  • 在宅勤務で情報収集する方法を知りたい方
スポンサーリンク

1. 在宅勤務はインプットが不足しがち。視野を広げて情報収集を怠るな!

在宅勤務はインプットが不足しがち。視野を広げて情報収集を怠るな!

在宅勤務で完全に家から出なくなると圧倒的にインプットが不足します。わたし自身、外に出るという行為はこんなにもインプットに溢れていたんだと気づいたのは在宅勤務を始めてからです。

主なインプットとしては次の通りです。

  • 電車のつり革広告・動画ニュース
  • 通勤途中の工事現場
  • 通りすがりの人達の会話

改めて思い返してみるとどれも確かに!と思いますよね。無意識のうちに最新の情報やホットなネタが目や耳に飛び込んできていたはずです。気になったワードやネタがあれば詳細を調べてみようと思いますよね。しかし、インプットがないと調べるという行為を起こせません。

在宅勤務で通勤時間がゼロになり自由に使える時間は増えます。これは本当に素晴らしいことです。しかし、貴重なインプットの機会を失っているということを認識してください。

認識できていないと危険です。認識さえできていれば家にいながら必要なインプットを入手する方法はいくらでもありますので安心してください。具体的なインプット方法をご紹介していきますね。

2. 在宅環境で必要なインプットを入手する方法

在宅環境で必要なインプットを入手する方法

在宅勤務で一切家から出なくても必要なインプットを入手する方法はあります。代表的な例は次の通りです。

  1. Twitter
  2. YouTube
  3. kindle unlimited
  4. 日経新聞

2-1. Twitter

いわずと知れたリアルタイムに最新の情報を入手するならTwitterの右に出る方法はありません。発信するのは好きじゃないからTwitterをやっていないという方も多いと思います。

しかし、情報収集の観点でやってみることをおすすめします。興味のあるジャンルで発信している人をフォローしておけばOKです。

2-2. YouTube

YouTubeは暇つぶしに見るものというイメージの方も多いはずです。しかし、最新のYouTubeは有益なコンテンツも溢れています。収益化しやすい時代になったのでお金稼ぎ目当てで有益なコンテンツを作っている人が増えたためですね。

Twitterと同じく興味のあるジャンルでコンテンツを作成している人を見つけて動画をチェックしてみましょう。意外なほど勉強になりますよ。

2-3. kindle unlimited

kindle unlimitedはAmazonが提供しているサービスですね。月額980円必要ですがビジネス書なども含めて大量の本を読み放題できます。無料で30日間使うこともできるのでまずは試してみてください。

やはり本はインプットに最適ですよ。もともと通勤時間に使っていた時間で本を読み漁ってみてはいかがでしょうか。

2-4. 日経新聞

社会人であれば日経新聞には目を通しておいて損はありません。お金がかかるし紙媒体はどうも気が進まないという方は楽天証券を開設してください。

株を運用されている方はご存じだと思いますが、楽天証券で株口座を開設しておけば、株に投資を一切しなくてもスマホで日経新聞が無料で読めます。

3. まとめ

在宅勤務で不足しがちなインプットを補う方法をご紹介しました。まずは無料で試せる方法を実行してみてはいかがでしょうか。もちろん、有料コンテンツは無料とは違う有益性があります。自分への投資だと考えたらどれも安いものですよ。

以上、最後まで読んでいただきありがとうございます。

コメント