新型コロナ|モバイルSuica定期券の払い戻しで損しない方法

ビジネス
こまり
こまり

新型コロナによる緊急事態宣言で外出自粛になったからモバイルスイカ定期券を払い戻したいんだけどどうすればいいんだろう・・・。

みすけ
みすけ

モバイルスイカ定期券の場合は所定の手続きを踏まないとものすごく損することになるから注意してね。払い戻し方法を詳しく説明するよ!

新型コロナウイルスの影響で2020年4月7日に緊急事態宣言が発令されました。緊急事態宣言を受けて在宅勤務や休校による自宅待機となった方も多いと思います。

社会人や学生で電車を使っている方であればほとんどの方が定期券を利用されていると思います。自宅待機となった場合の定期券の扱いはどうなるのでしょうか。

これについてはJRから2020年4月7日以降に定期券を利用していない場合は、緊急事態宣言が解除されてから1年以内であればいつでも最後に使用した日にさかのぼって払い戻しが可能と発表されました。

そのため、人が少ないタイミングで緑の窓口に定期券を持っていけば払い戻しを受けることが可能です。

しかし、最近ではモバイルスイカ定期券を利用されている方も多いはずです。この場合はどうすればいいのでしょうか。

わたしもモバイルスイカの定期券を使用していますが、2020年4月7日以降定期券を利用しなくなったので一旦払い戻すことにしました。

その際に調べて対応した方法をお伝えします。

この記事はこんな方におすすめ
  • 新型コロナの影響でモバイルスイカの定期券を払い戻したい方
  • モバイルスイカの定期券を損することなく払い戻す方法を知りたい方
スポンサーリンク

1. 新型コロナ|モバイルSuica(スイカ)定期券の払い戻しで損しない方法

新型コロナの影響で日付を遡って定期券を払い戻すことが可能となっています。しかし、モバイルSuicaを利用している方はどうやって払い戻せばいいのかわからなくて困っているのではないでしょうか。

モバイルSuicaの通常の払い戻し方法と新型コロナの特例を利用した払い戻し方法をご紹介します。

2. 通常のモバイルSuica定期券の払い戻し方法

そもそも定期券の払い戻しなんてしたことのない方のほうが多いのではないでしょうか。通常の定期券であれば緑の窓口に行くことしか考えないと思うので悩むことはありませんが、モバイルスイカ定期券の場合はどうすればいいのでしょうか。

やったことのない方が多いと思いますが実はとても簡単な手順で払い戻しが可能です。具体的な手順は次の通りです。

  1. モバイルSuicaアプリを起動する
  2. “チケット購入 Suica管理”を選択する
  3. チケット購入欄の”定期券”を選択する
  4. “モバイルSuica定期券”を選択する
  5. “払戻”を選択する
  6. 注意事項を読んで”次へ”を選択する
  7. 払い戻し内容を確認し”払戻す”を選択する
  8. “はい(払戻す・取消不可)”を選択する

モバイルSuica払い戻し手順の説明2~4
モバイルSuica払い戻し手順の説明5~6
モバイルSuica払い戻し手順の説明7~8

2. 日付をさかのぼってモバイルスイカ定期券を払い戻す方法

モバイルスイカ定期券の払い戻し方法は先ほどお伝えした通りです。しかし、新型コロナウイルスに伴う緊急事態宣言によってモバイルスイカ定期券を払い戻す場合は注意が必要です。

先ほどの方法ですと、払い戻し時の使用最終日は払い戻し操作をしている日になってしまいます

緊急事態宣言以降にモバイルスイカを使用していない場合は、使用最終日は2020年4月7日として払い戻せる決まりですが、そのまま払戻してしまうと適用されません。

では、どうすればよいのでしょうか。

実は、払い戻し手続きを実施する前に「会員専用モバイルSuicaお問い合わせフォーム」で使用最終日を申告する必要があります。

詳しくはこちらのページから申請してください。

申請すると数日後に払い戻し方法の案内メールが送付されてくるのであとはその指示に従って払い戻すだけです。

わたしの場合は申請した次の日に案内が届きましたよ。案内がきたら先ほど説明した手順で払戻すだけです。先ほどの手順③で定期券を選択した後に「サポートセンターにお申込みいただいた定期券の払戻しが可能となりました。定期券メニューより払戻しを完了してください。」というメッセージが表示されていればOKです。

モバイルスイカ定期券の特例払い戻しが可能になったことを示すメッセージの写真

ちなみにモバイルスイカを使用している方にはもう一つ注意点があります。モバイルスイカで電子支払いをしてしまうと、その日が使用最終日扱いになってしまいます。どうやら緊急事態宣言に伴う外出自粛による特例なので、外出して買い物していると特例の適用外になるようです。

外出しないことは勿論、払戻す予定のある方は払い戻しを実施するまでは不用意にモバイルスイカで支払いはしないように注意してください。

3. まとめ

新型コロナウイルスに伴う緊急事態宣言によるモバイルスイカの払い戻し方法及び損をしないための注意点をお伝えしました。

2020年5月25日に全国の緊急事態宣言が解除されました。このまま新型コロナウイルスが収束することを祈りつつ、個人の経済負担を減らすべく損をしないようにモバイルスイカの払い戻しを実施しておきましょう。

以上、最後まで読んでいただきありがとうございます。

コメント