自宅の玄関を自動ドアに!DOACが画期的すぎておすすめ

快適住まいへの道
こまり
こまり

車いすだったり、ベビーカーの移動で玄関のドアの開け閉めが結構負担で・・・。

みすけ
みすけ

それならLIXILのDOAC(ドアック)がおすすめ。普通の玄関ドアを簡単に自動ドアにできるよ!

現代の日本住宅の玄関ドアは開き戸が一般的です。一般的なドアですが多くの人が次の問題点を感じています。

  • 車いすだと押し引きが大変
  • 小さな子どもだと一人で開けられない
  • ベビーカーだと開けるのが大変
  • 両手に荷物を持っていると開けるのが大変

結局、開けるのが大変なシチュエーションが多いということですね。

おそらく多くの方はこの問題に遭遇しても何も対策せずに諦めています。わたしもそうですが、対策できるなんて考えてもみないんですよね。

しかし、安心してください。簡単に自動ドアにすることができるんです。

自動ドアにできれば開き戸問題は解決です。

そんな開き戸を自動ドアにする方法がLIXILのDOACを導入することです。DOACとはどんな手段なのかを詳しくお伝えします。1日で自動ドアにできますよ。

この記事はこんな方におすすめ
  • 開き戸を自動ドアにする方法を知りたい方
  • LIXILのDOACがどんな商品なのか知りたい方
スポンサーリンク

自宅の玄関を自動ドアに!DOACが画期的すぎておすすめ

自宅の玄関ドアを自動ドアにできるなんて考えてもみないですよね。しかし、LIXILから販売されているDOACなら簡単に自宅の玄関ドアを自動ドアにできるんです。

LIXILのDOACとは

LIXILのDOACはリモコンのボタンひとつでドアの解錠とドアの自動オープンが可能となるシステムです。

玄関のドアやカギはそのままで、後付けでドアを自動化できるんです。簡単に言うと、リモコン操作により鍵を解除し、ドアの開け閉めを行う。という仕組みです。

DOACの基本セットは次の通りです。

  1. 電動ドアオープナー
  2. コントローラー
  3. 電動サムターン
  4. リモコン

電動ドアオープナー

電動ドアオープナー

電動ドアオープナーはドアの上に取りつけてドアを開けてくれる装置です。

専用のDCモーターにより高い静音性でパワフルな動作によりドアを開け閉めしてくれます。

結構いかつい装置ですが、ドアの上につけるとそこまで違和感はないですよ。

コントローラー

コントローラー

リモコンからの信号を受信し、電動ドアオープナーと電動サムターンを制御するコントローラーです。

A100V/15Aコンセントに接続して動作します。ドアの近くの壁面にネジ固定で取りつけます。

電動サムターン

電動サムターン

電動サムターンはリモコンからの信号で鍵を解錠したり施錠するものです。

最近はスマホで鍵を解錠できる商品が販売されていますが原理は同じです。いまはリモコン操作ですがいずれはスマホから操作できるようになるかもしれません。

リモコン

リモコン

自動ドアのリモコンですね。自動ドアといいつつ鍵の開け閉めはリモコン操作なので正確には自動ではないのかもしれませんね。まぁドア自体は自動で開くので安心してください。

車の電子キーのようなもので解錠と施錠が可能になります。

DOACの導入方法

DOACを導入する場合の流れは次の通りです。

  1. LIXILに問い合わせ
  2. LIXILから折り返し連絡
  3. 自宅の下見
  4. 見積もり
  5. 発注後に工事

LIXILに問い合わせ

DOACを購入する場合はまずはLIXILへの問い合わせからスタートします。

以下のバナーから問い合わせ依頼が可能です。この後説明しますが、下見や見積もりは完全に無料(自宅が離島などの特殊地域は除く)なので少しでも興味があれば気軽に問い合わせてみることがおすすめです。

LIXIL_DOAC(ドアック)問い合わせはこちらから

LIXILから折り返し連絡

問い合わせを送信するとLIXILから折り返し連絡がきます。見積もり依頼の場合は自宅に下見に来てくれるので日にちを調整します。

自宅の下見

DOACは一般的なタイプのドアであれば問題なく搭載可能です。しかし、中には残念ながら取り付けられないタイプのドアも存在します。そのため、DOACを発注する前に取りつけ可能なドアかを担当者が下見にきてくれます。

しっかりと自宅のドアの仕様、電源の位置などを確認して、問題なく取り付けられることが確定してから見積もりに進みますので安心です。

変な業者だと確認せずに商品を持ち込んで、いざ取り付けようと思ったら仕様が合わずに断念みたいなパターンもありますが、さすがに大手企業なのでそこらへんは安心感抜群です。

見積もり

取りつけられるドアである確認ができたらいよいよ見積もりです。DOACのタイプ(鍵を1つ対応にするか2つ対応にするか)やコンセントの増設位置などによって部材費と工賃が変わってきます。

しっかりと見積もりをもらって料金を確認してから発注するかは決められるので、まずは無料見積もりはもらってみるのがいいでしょう。

発注後に工事

見積もりを確認し、問題がなければ発注します。発注すると工事日を調整して実行という形です。

DOACの設置工事はLIXILの専門店スタッフが1日で実施してくれるので楽ちんです。

DOACがおすすめな人の特徴

DOACがおすすめな人の特徴は次の通りです。

  1. 車いすを利用している家族がいる人
  2. 小さな子どもがいる人
  3. 買い物はネットよりも店舗中心の人

車いすを利用している家族がいる人

説明不要ですが車いすを利用している家族がいる方にはDOACはかなりおすすめです。

なにせ補助なしで気軽にドアの開け閉めができるようになりますからね。

いままで外出が億劫だった方もDOACを導入すれば外出が楽しくなりますよ。本当にドアの開け閉めが楽ちんなので。

小さな子どもがいる人

小さな子どもがいる人にもDOACはおすすめです。

ベビーカーを利用している場合、ドアを開けるためには一度ベビーカーから離れなくてはいけません。しかし、DOACであればリモコンでドアを開けてそのままベビーカーで中に入ることが可能です。

雨が降ってるときなんかかなり便利に感じますよ。

また、もう少し子どもが成長してくると子どもが自力でドアを開けようとします。玄関のドアってかなり重いので小さな子どもが1人で開けるには少し危険です。

そんなときでもDOACがあれば安心です。リモコンでの開け閉めだけではなく、開ける際に少し力を入れるとあとは自動で開けてくれるのです。

つまり子どもが少しドアを開けようとすると本来は重さでしまってきてしまい危険なところ、DOACであれば自動的に最後まで開けてくれるので子ども1人でも安心安全です。

買い物はネットよりも店舗中心の人

いまはネットでなんでも買うことができる時代になりました。でも、買い物は実際にモノをみてからじゃないと嫌という方もいますよね。

そうなると買い物のたびに大量の荷物が抱えて帰ってくることになります。そうすると玄関のドアを開けるのって結構大変じゃないですかね。

そんなときDOACであればたとえ両手がふさがっていても簡単にドアの開け閉めができるので本当に楽ちんです。

まとめ

自宅のドアを自動ドアにできる画期的なアイテムであるLIXILのDOACをご紹介しました。

なんといっても後付け(工事は1日)でドアを自動ドアにできるのがポイントです。

車いす生活をしている人がメインターゲットの商品ですが、子どもがいるご家庭でも導入するメリットは大きいですよ。

わが家でもDOACを導入したことでベビーカーでのドアの出入りが圧倒的に楽になりましたし、子ども連れの買い物帰りで両手がふさがっていてもドアが自動で開いてくれるので本当に重宝しています。

自動ドアといいつつ、ドアを押すと開けるのを助けてくれるので子どもが1人で出入りする際にも助かってます。

見積もりは無料なので興味がある方は以下からLIXILに問い合わせてみてはいかがでしょうか。

LIXIL_DOAC(ドアック)問い合わせはこちらから

以上、最後まで読んでいただきありがとうございます。

コメント